月別アーカイブ: 2021年4月

銀色に輝くモノグラフ

ただいま東京都現代美術館で開催中「TCAA受賞記念展」は受賞作家が受けるサポートの三本柱の一本で、もう二本は海外活動支援(渡航援助など)とモノグラフ(非売の作品集)の制作及び刊行です。このモノグラフは定められた判型さえ守れば如何様にも造本することが可能で、私の場合はキラキラと光り輝く銀紙が張られた斬新で美しい表紙が特徴的な本になりました!

この素晴らしい装丁と本文デザインをしてくださったのは、昨年2月無人島個展のセメントDMを作ってくれた吉岡秀典さんで、編集は『予感の帝国』刊行に尽力してくださった朝日出版の綾女欣伸さんです。そして経歴や作品情報を逐一チェックしてくれたのはチーム無人島、略してチー無の皆さんです。(私の記憶は曖昧で頼りにならない)
皆さまのお陰で完成したこの本は、残念ながら販売されませんが、展示会場(最後の部屋)で閲覧することができます。表紙の銀紙は非常に指紋がつきやすいので、来場者がこの本『Magic Mountain』を手に取ってくれたかどうかは表紙に脂がついてるかどうかで判断できる。ちなみに「銀張る」とは歌舞伎用語で顔面の白粉に脂が浮いた状態のことを言うらしい。銀張り表紙が銀張っているか(みんな見てくれたか)確認しちゃおう!

IMG_0883
『Magic Mountain』ロゴが凹凸だけで表記されてます。湖面に山脈の鏡像が映り込む新作「ツァウバーベルク」をイメージして鏡のような銀紙を張ることにしました。

IMG_0886
背面は壺も映っちゃうほどツルピカ

IMG_0888
見返しのブルーは前と後ろで濃淡があります

IMG_0889
「肺の森」下絵。どのように変化したかは会場で完成品を見てみよう!
図版左下のかっこいい数字は吉岡さん考案。

IMG_0887
お友達の写真家・朝海陽子さん撮影の「かざまランド」そのほか色々なカット掲載。私はこの写真がとても気に入ってます!

新旧作品群がタダで見れちゃう展覧会(於MOT)
ト-キョ-コンテンポラリ-アートアワード受賞記念展

レシート・マウンテン

コロナで一ヶ月の猶予期間が与えられた確定申告の締切りがあと2週間と迫っている。展覧会準備で後回しにしていたこの国民の義務(ツケ)を果たすべく、マジックマウンテンを無事下山しほっとしたのも束の間、私は今レシートの山と対峙しているのだ。分類し積み上げては不注意で崩れ、床にヒラヒラ舞い落ちる紙片に嘆息し、生来お金と数字と事務作業に弱い自分自身を呪う…。
令和二年度領収書山の特色は、昨年夏からかざまランドで大流行「ノートゲルト」の支払い額が目立って多いことである。レシートの束と正比例して増えるノートゲルト(ハイパーインフレ緊急紙幣)は現在100枚程あり分類整理されるのを山と積まれて待っている。ノートゲルトは100年前のドイツ紙幣だが通貨として使用できず、世界の好事家にのみ価値がある趣味の愛玩紙幣で、これをいくら貯蓄してもけしてお金持ちにはなれない(けど私は集める!)。

IMG_0862
ブラックモンブランの包装袋をかわいいマグネットにしてみたヨ。
袋の素敵な部分を切り取って(頻繁に郵便受けに入ってる)水道トラブル工事業者の広告マグネットに両面テープで貼っただけ!簡単に作れま〜す。