カテゴリー別アーカイブ: 活動関係

グラフィック・ビエンナーレ

先週末より中央ヨーロッパの一国であるスロベニアの、舌がもつれそうな名の首都リュブリャナにて開催されている〈第33回グラフィックアート・ビエンナーレ〉に作品を3点出品してます。
武蔵美術学園時代に色々なコンテストに応募し、イラスト(チョイス賞)=落選、GOMESマンガ賞=審査員賞、アーバンなアート(アーバナート賞)=審査員賞/奨励賞という結果を受け、賞を2つくれたアート系の評価を信用して今に至るので、もし当時イラストを褒めてもらえてたらグラフィック界での活路もあったかも?(落選が現実)。
なので、唐突ですがグラフィック・ビエンナーレに招いていただき嬉しいです。願わくばスロベニア出身のメラニア夫人にも是非ご来場いただきたい(会期中に里帰りしないだろうか?)。そして高い木立から獲物を狙う猛禽類のように冷徹な眼差しで『地球のおなら館』を一瞥してほしい。

『平成博2010・地球のおなら館』
onarakanonarakan
(平成も遠くになりにけり)サポートストッキングのテカテカが懐かしい…

六本木クロッシング2013 アウト・オブ・ダウト展
『人外交差点』は、日本/オーストラリア/韓国で展示され、スロベニアは4カ国目となる。もう一点『WAR PUP』という穏やかでない作品も出品中!
詳細以下→33rd Biennial of Graphic Arts

【さらに予告!】
旅する画家 藤田嗣治&予感の帝国:W刊行記念トーク

6月20日(火) 20:00〜22:00 (有料¥2000)
下北沢〈本屋 B&B〉に於いてトーク会(サインもする)
*フジタ研究第一人者の林洋子さんと対談します!
詳細以下→〈本屋 B&B〉

船頭多くして船山に上る

新作の絵巻風漫画『青丹記』は、原画を青焼きで複写する予定でしたが、「青焼きをやっているお店はもうない」というショッキングな事実が展示の3日前に判明!コピー屋数店に電話で問い合わせたところ、三年前に専用印画紙の生産が終了し青焼きコピーも終了したとのこと(当店では希少な青焼きをやってます!という宣伝を鵜呑みにしてしまった私も悪い)。はてさてどうしたものか…暫し考え、なんとなくソレっぽく見えればいいかな〜とコンビニ店コピー機の単色機能(青色)を試してみたら、思いのほか青焼き風に複写できました。
本来絵巻というのは「右から左に」読むものと知りつつ、「左から右」の欧米スタイルを採用したために、お話のオチから読んでしまう観客が続出!いちおう(珍しく)結末を用意しているので、ぜひタイトルのある左から読んで頂きたいです。(頭から読んでも意味不明と言われたけど)

(ここから読もう)
IMG_1030
間取り図用の方眼紙に鉛筆で描いて、それを青焼きにすることで建築設計を連想させる作品にする予定だった『青丹記』

(7/8ページ)
stk1
海上の落下物の影響を受け、大波に翻弄される小舟

(9ページ)
stk2
謎の球体に群がる船団

(10ページ)
stk3
未知の物体に熱狂する船頭と漁師と釣り人。夢中になって素手や櫂での運搬に挑戦する男達と、それを静観する男が数名。球体の行方は如何に?(続きは海上ではなく会場で)

制作期間3日の『青丹記』&『代々木外伝』を展示中↓
『東京計画2019』vol.2

「風間サチコ(バベル)展」
於: ギャラリーαM
〜7/13まで
詳細コチラ→gallery αM

石上二十余年

先月28日付東京新聞朝刊《美を楽しむ》欄にてインタビュー記事が掲載されました。20年余り作業部屋に掲げている、漫画『空手バカ一代』から引用の〈一撃必殺〉スローガンの解釈に始まり、巨大版画『ディスリンピック2680』の内容とそれにまつわるエピソードが語られ、そして活動の根底には、ニーチェの(何の本か忘れた)書物から得た〈近代悪と対峙せよ〉という啓示があるという告白で記事は締めくくられています。
今回も取材陣に人気の作業机コーナーで撮影が行われました。この写真にはバベル版木を片手に下絵の上でポーズをとる私が写っていますが、おそらく読者の皆様は私よりもその背後の物品に関心があると思うので、今日は私が邪魔で見えない作業机周りをお見せしましょう。

(東京新聞朝刊5月28日付)
IMG_1051
見出しで「100年後、見た人が捨てられないような、おぞましい作品を残したい」と啖呵を切っているが、容易に捨てられないモノを作るのは案外難しい。

IMG_1056
記事の冒頭でご紹介の〈一撃必殺〉の紙切れ

IMG_1054
特に変化の見られないインテリアの中で、最近のお気に入りは(もちろん)クブシュのプラモ。

ありがとうございました@αM

昨日のαM展トーク会及びパーティにご参加してくださった皆様、本当にありがとうございました!東海道/北陸/東北新幹線に乗車し駆けつけてくださったお客様、遠路遥々ご足労いただき心より感謝申し上げます。それから、お菓子、お惣菜、おもちゃ等のお土産を持参してくださった方々、大変に痛み入ります…。食べて遊んで楽しみたいと思います。
窓黒読者諸君から完成を危惧された新作『バベル』でしたが、どうにか無事にギリギリ間に合いました!「1日あれば貼れるだろう」とタカをくくってたコラージュ作業は、各パーツを切り抜くだけで丸一日かかり自分の読みの甘さを猛省。結局オープニング前日の夜9時にやっと仕上がり、帰宅は深夜12時になってしまった(αMの皆様スミマセン!!)。
トークではこの「じっと見てると気持ち悪くなる」と好評のバベルを前に、バブル期の珍妙なウォーターフロント計画や、その黒幕的存在である丹下健三についてお喋りしましたが、バベルに生気を吸い取られた私の語り口は及第点かそれ以下だったに違いない。

(第三ディスリンピック)
IMG_1031
今回で3回目となるディスリンピック展示。
前回の恵比寿ナディッフ地下での部分公開を見て「ディスリンピックってこんなものか」と思われた皆様には是非とも全貌を(柱越しですが)ご覧いただきたい。

(カザマの本コーナー)
IMG_1036
αMギャラリー奥にある図書室では『東京計画2019』と新作バベル&青丹記にちなんだ私物の本が閲覧できます。科学雑誌ニュートン5冊 21世紀はこうなる特集号「近未来最新情報」(よく考えると変な題)/ 超科学雑誌ムー「UFOと空洞地球の真実」(たぶん真実)/「フランス革命期の巨大建築設計図集」(面白いヨ)/我が「予感の帝国」とこれに「未来都市の考古学展図録」を追加。

『東京計画2019』vol.2
「風間サチコ(バベル)展」
ギャラリーαMにて〜7/13まで!
詳細以下→gallery αM

 

明日αM展トーク&パーティ

いよいよ明日6/1から馬喰町のギャラリーαMにて個展が始まります。昨日は搬入と展示作業をしましたが、予想どおり新作(バベル)が間に合わず…今日も現場で作業です。しかし明日オープニングには必ずや皆様にご覧になっていただけるよう、血眼で滑り込むつもりなので安心して会場にいらしてください。初日1日は午後6時からトーク会、7時からパーティ、8時から飲み会(たぶん中華を予定)です。皆様のご来場をお待ちしております!

(αMのMは武蔵野美術大学のM)
IMG_1028
ディスリンピック展示作業をしてくれた若きムサ美男子たち

(丹は丹下健三の丹)
IMG_1032
こちらの新作『青丹記』は16Pに渡る漫画のような縁起絵巻のような代物。
どんなお話かは会場で見てみよう!

『東京計画2019』6月1日(土)〜7月13日(土)
於:ギャラリーαM (馬喰町)

6/1(土) 18:00〜19:00
アーティストトーク(無料)
*東京都現代美術館キュレーター藪前知子さんと対談!
*同日 19:00〜OPパーティ
詳細コチラ→『東京計画2019』

まとめて告知

「余の辞書に余裕という文字は無い!」展覧会を間近に控えてるのに作品が出来てない。このような逼迫した状況は私にとって通常運転である。時間の無いなか畢竟この窓黒も停滞し、ともすると肝心の告知を忘れちゃいそうなので今日はまとめて情報掲載しまーす。

【東京新聞掲載】
5月28日(火)付
東京新聞/朝刊にインタビュー記事掲載 (新聞購読者は読んでみてね)

【馬喰町αM展開催】
『東京計画2019』6月1日(土)〜7月13日(土)
6/1(土) 18:00~19:00
アーティストトーク(無料)
*東京都現代美術館キュレーター藪前知子さんと対談
*同日 19:00〜OPパーティ
詳細コチラ→『東京計画2019』

【スロベニア展参加】
『第33回リュブリャナ・グラフィックアート・ビエンナーレ』
6月7日〜9月29日
詳細コチラ→33rd Biennial of Graphic Arts
(中央欧州からグラフィック界に進出か?!)

【下北沢トーク会】
6月20日(火) 20:00〜22:00 (有料)
下北沢〈本屋 B&B〉に於いて
〈歴史とアートのこれまでとこれからを考える・戦時下のフジタの活動を通じて〉
『予感の帝国』『旅する画家 藤田嗣治』W刊行記念トーク
文化庁文化調査官でフジタ研究第一人者の林洋子さんと対談します。
詳細コチラ→〈本屋 B&B〉

…以上よろしくお願いいたします!

キン肉マン作者のゆでたまご先生は…
IMG_1012
一般公募の超人アイディア採用のさい、意識的に若年層を優遇したという。
しかし、ここにある『ベンキマン』はいかにも児童の発想だが、意外なことに先生自作の超人なのだ。(超人募集はしてないけど皆んなも予感の帝国読者ハガキを朝日出版にどしどし送ろう!編集者の裁量により、マグロくんのような優秀作は私に報告される。)

祝★一周年

(改元と無関係な)一周年とは何か?それは巨大木版画『ディスリンピック2680』が完成して今日でちょうど一年ということ。この事実をグーグルフォトからの一方的通信「この日の思い出を見てみよう」で今朝思い出しました。「見てみよ」と促され思い出フォトを見ると、搬入前に自宅で準備する私、美術館入りしてからもまだ彫りの作業をしている私が写っており、最後らへんの写真に完成作品の前で喋ってる私が…。ここには搬入日4月28日から展覧会初日30日までの三日間の奮闘が記録されていました。
〈オープン後もメイン作品が未完成だった〉という逸話は人づてに広まり「ディスリンピック間に合わなかったんだってねえ」と今でも言われることがしばしば。そんな悪夢のうちに誕生したディス・オリンピック(愚民の祭典)でしたが、憎悪すべきディス国家の祝典は、予感の帝国からTCAA受賞に至るまで私に幸運をもたらし(空想世界だけど)国家的メディアイベントの威力を実感してます(万歳)。そして、昨年は埼玉県まで行けなかった人に東京で観覧のチャンス到来!6月1日より開催、馬喰町αM『東京計画2019』展でディスリンピックを展示します。一ヵ月後を待たれよ!

IMG_0965
焦りまくって作業する姿 (あれからもう一年経ったのか!!)

〈副題 : バベル〉
IMG_0966
これはαM展のDM原稿で、マンションコラージュは平成7年に作ったもの。今回はこれを下絵に木版画を作る。(ということは23年越しの作品ということになる)

【展覧会予告】
藪前知子企画『東京計画2019』於:αMギャラリー
風間サチコ 6/1〜7/13
(5/18まで毒山凡太郎くん開催中!)

報告と御礼

一昨日、東京都現代美術館にてトーキョー・コンテンポラリー・アート・アワード(略称TCAA)の授賞式が粛々と執り行われました。壇上での挨拶、都知事から賞の授与、シンポジウムでの発言など緊張感に満ちた一日も、参列者ご一同の暖かい見守りにより無事に終わりました。行楽日和の日曜日に地下の式場にお集まりくださった皆様、本当にありがとうございました!

この度賜った「TCAA賞」は中堅美術作家を手厚くサポートしてくれる大変に有難い賞で、私と下道基行氏の二人は「これからも頑張ってほしい中堅」として選出されました(主催者、選考員各位に感謝!)。援助を受けるからには、その恩を倍返しする覚悟です。副賞は私の苦手とする海外滞在ですが、先日のワルシャワ出張で予行練習して、少しは恐怖心が薄れたので頑張ろうと思います。まずはベルリンに行き、ミュンヘン、ニュルンベルクで第三帝国の幻影を追い、さらにローマ帝国の栄華を偲び、そしてまた(懐かしい)ポーランドに越境しアウシュビッツを見学する(予定)。
そして成果発表展覧会で『ディスリンピック2680』及び『ベルリン・ディスリンピック』を披露できれば、と目論んでおります。(しかしそれは東京オリンピック後…)

(小池百合子都知事より)
IMG_0956
頂いた金属製記念プレートを会場の皆様に見せびらかす私。
ディスリンピックのディスはディスリスペクトにあらず。しかしディスリンピックのことは(気を悪くなさると思うので)東京都知事には内密にしとこう。

(近所の奥様より)
IMG_0954
「今朝のTVニュースで授賞式を見た!」と庭の花を摘んで可愛いブーケにして下さった。お心遣いありがとうございます!

誤報の訂正

現在開催中のワルシャワ展『Friend of a Friend』の会期を「〜4/27まで」とお知らせしたのは誤報で、正しくは「5月18日まで」でした。(個人的に大変迷惑なGW)10連休にポーランド周遊を計画されてる方は、旅程にワルシャワギャラリー巡りを加えてはいかがかな?改めて正しい情報は以下〈ラスターギャラリー〉のサイトをご覧になってください。

RASTERに展示された〈プレデター〉
IMG_0741
FRIEND OF A FRIEND (←詳細はこちら)
  2019年4月6日– 5月18日
  会場:RASTER、ワルシャワ、ポーランド
(8つのギャラリーで同時開催)

ラスターの素敵な外観
IMG_0603-1

(氷の北極熊と藤城さん)
IMG_0620
連日おもてなしを受け、滞在3日目はここコペルニクス科学館隣接の現代美術館で立食会。(私はコペルニクスと同じ誕生日だが天文学の知識は全く無い)

戦車と正露丸

4月3日。自作5点と我々2名を乗せたポーランド旅客機は眠れるロシア上空を夜間飛行し、11時間超のフライトを終えワルシャワ・ショパン空港に着陸す。
初ヨーロッパ出張で過度の緊張のためか、到着後ほどなくして不調をきたし正露丸のお世話になることに (持っててよかった正露丸)。4日目に訪れた〈ポーランド軍事博物館〉庭園では、独軍ハーフトラック・sd.kfz 251に興奮し「これは夢?」とフワフワした気分で戦車庭園を見学してたら大切な携帯薬小袋を紛失…なんたる失態!高揚感は不安へと急降下!青褪めた面持ちで園内を捜索すると、丸薬入り極小ジップロックがソビエト製戦闘機の前にポツンと落ちているのを発見する(見つかってよかった正露丸)。ドイツ憎し、ソビエト恨めしと歴史の声に呼応するかのように、過活動なお腹は帰国する日まで沈静化せず。征露の弾丸も巨大軍事力には無力である。

クブシュ!!!!!
IMG_0612
これは軍事博物館の本物クブシュ。この素晴らしいフォルムの即製装甲はシトロエンの技術者の手によるものだという。美しい塗装にご満悦なタモリ風の私であった。

(鹵獲ツーショット)
IMG_0680-1
ドイツ車両がなぜポーランドに?と不思議に思われる諸氏もおられよう。
左の装甲兵輸送車sd.kfz251は独軍から鹵獲し〈灰色狼〉と命名され、クブシュとともにワルシャワ蜂起市街戦に参加。一方でヘッツァーは〈フファット〉と名付けられたが、バリケード程度の活躍しかできず、戦後になって教育委員会の命令により破壊される。

(哀れなその姿)
IMG_0686
薄い装甲と狭い車内にびっくり!

【告知!!!】
IMG_0738
ワルシャワのギャラリー[RASTER]と無人島プロダクションの多大なるご協力により参加の運びとなった『Friend of a Friend』会期は〜4/27まで

市内8件の先鋭的ギャラリーにて共同開催。ワルシャワ市民及び世界のアートファンの皆様、是非ともご覧ください!
詳細コチラ→Friend of a Friend 2019