訂正(うどん情報)

昨日、あたかも死んだ祖父が「きしめん」を「ひもかわ」と誤認していたかのような事を書いてしまいましたが、今日この本(そば・ラ—メンの店)の中にこのような記述を発見したので、訂正及び報告を致します。以下本文より抜粋。
「きしめんというのは元来関西の呼び方で、関東では〝ひもかわ″といった。近ごろは関西風のきしめんが優勢になってしまって、ひもかわと書いてある店のほうが少なくなってしまった。」
な〜るほど納得!平たいウドン全般をひもかわと呼んでいたのか(しもかわと言うのは東京訛り)そして群馬のひもかわも以前はそんな幅広でなかったが、近年幅広がウケてドンドン幅広に進化したようです。な〜んだ(ちょっとツマんないかも)!

img_4859
情報源「ミニミニカラ—文庫6そば・ラ—メンの店」
ことごとく料理の写真が不味そうで、やけに厨房風景がリアルな名著
(オジさんのエスフ°リ溢れる文体はとても参考になる。)

img_4860
キラキラ輝くイクラの明眸
豊かに蓄えられたおぼろ昆布の髭

img_4858
〈追記〉親子機ミステル
上が親機 Fw190、下が子機 Ju88G‐1。このように他社の飛行機同士でも合体可能!なのでバリエ—ション豊富。上の小さい戦闘機が無人爆撃機を牽引して、標的に向けて子機を切り離す仕組み。図に描いたユンカ—スのクチバシみたいな所は弾頭が取り付けられてる。

謎めいて秋

ナチスドイツの親子型爆撃機ミステルは、ヘンテコで謎めいているがミステルとはミステリアスという意味ではなく、ドイツ語で「宿り木」の意味だということを最近知った。
死んだ祖父が「しもかわ」と呼んでいたウドンは実は「きしめん」で、群馬のフンドシのような謎ウドン「ひもかわ」とは全く別ものだったことも最近知った。
そして他にもミステリアスなウドンが北関東に点在するということも最近知った。
埼玉の「おっきりこみ」や栃木の「耳うどん」など名称だけでも興味をそそられる郷土料理!人間の耳のかたちを模したウドンとは?是非一度は食べてみたいものだ。
先日、栃木県小山市に出かけたが、どうやら耳うどんを食べさせてくれるお店は佐野市に2軒しかないらしい。佐野でしか食べられない幻の耳うどん!その幻の姿形と味を空想してる間に、どこまで時雨ゆく秋ぞ…。ミステル、震電、秋水、烈風、耳うどん。それらミステリアスな影をただ慕うばかりである。

%e7%99%bd%e3%83%9b%e3%82%b9%e3%83%88
「小山市に耳うどんは無い」が、白ホ°ストは存在する!
この刀狩りならぬエロ本狩りシステムが機能するか否かは、市民のホワイトな道徳とおせっかいに委ねられている!私も(大切な本が)没収されないように気をつけよう。

2016-09-17
『忠告のレイヤ—』
警鐘は幾度となく鳴らされ…
主語は幾星霜に奪われてしまったのだ!

 

新メニュ—

例年より早い秋の訪れに「冷素麺ともそろそろお別れの季節か…」という乾麺党諸氏の嘆息が聞こえてくるようです。キムチ素麺/トムヤム素麺/冷やしタヌキ蕎麦/冷やしキツネうどん(冷凍)が夏の定番昼食メニュ—である私もご多分に漏れずその一人であります。
そんな折、山形出身のお友達から乾麺メニュ—の 有力情報が舞い込んできました!その名も「ひっは°りうどん」…何をひっは°るのか?想像がつきませんが、私はネット上から調理方法をひっは°り作ってみた。これは超簡単お手軽メニュ—!うどんの乾麺を茹でて、水洗いせずにそのまま湯ごと丼に盛って、納豆とツナ缶(本来はサバ水煮缶)と薬味を入れた出汁に絡めながら食べるだけ。…これは私の定番献立「納豆スハ°ゲティ—」に匹敵する貧乏臭を感じるな〜低コストでもとりあえず炭水化物とタンハ°ク質は摂取できる安心感!
乾麺のうどんは、麺が細くてふにゃっとしてる割に茹時間8分以上を要し(せっかちな性分に合わず)うどんに限っては冷凍讃岐うどん派ですが、たまにはマイルドな庶民の味もいいかもな?(しかし、たった2分で茹る素麺の利点には敵うまいが…!)

%e3%81%b2%e3%81%af%e3%82%8a
思いの外ウマい!
薬味はネギ/カイワレ/柚コショウにしてみたが、大根おろしも合いそうだ。
(何故ひっは°りか?山形の郷土色の薄いこの料理から想像してみよう)

戦利品(前回のつづき)

%e3%83%9f%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%ab
天空を威嚇するミサイル広場

t34
T‐34/85中戦車
ソ連から送り込まれた計240輌の戦車旅団は米軍をも震撼させたという
館内にも一輛展示してあった。きっと沢山放置されてて珍しくはないのだろう

m4
T34に対するは米軍の量産型中戦車M4シャ—マン(この有名戦車は何度見ても好きになれない)

b52
B‐52戦略爆撃機
全長56m!超巨大!8発エンジンで25トンの爆弾を搭載可能だという。
この巨大爆撃機150機で北ベトナム全土を絨毯爆撃したのだから恐ろしい…鬼畜!
B‐29といい無差別空爆の一体どこが戦略的なのか?
(ここには韓国軍の特種車両/ソ連のmig17/米軍のF4/ファントム等々多数展示)

2016-09-18-16-52-2
これは私が筆ヘ°ンで描いた幻の超弩級重爆撃機「富嶽」
全長42m6発エンジン(完成予定だった)の巨大重爆ですが、B52から比べると小さいな(超弩級ではない)

%e9%87%9c%e5%b1%b1
ハングルで読めないが…。
釜山港での別離の情景を歌ったのであろう、とても暗い男女の描かれた昔のレコ—ド
(南北分断の悲劇、その理不尽な背景はハングルと同じぐらい判読し難い)

%e6%88%a6%e5%88%a9%e5%93%81
これは戦争記念館で購入した戦利品(お値段4000ウォン)
UFO型した台座に透明なトリケラトフ°ス(かな?)が乗っている謎めいた逸品(もちろん戦争とは無関係)

2016-09-16-03-56-2
机上にて華麗な回転、発光、楽曲を披露しているところ。
何語か不明の歌は「がが〜お、がが〜おと嘶くぞ!地底の恐竜たちが…」という内容に私には聞こえる

戦争記念館

韓国出張の最終日、ソウルの三角地にある戦争記念館という巨大な展示施設に単独でいってきました。その規模の大きさに朝鮮半島がいまだ休戦中、すなわち戦争中であることが分かる巨大学習施設です。広大な敷地に宮殿のように建立された記念館は見学に3時間あっても足らなかった(兵器が陳列された庭園は急ぎ足で見学…残念)
日本語解説のイヤホンが借りれると情報があったので受付で訊いてみたら「ありません。かわりに彼女が案内します。」と奥から高齢のご婦人が出て来てこまった…。私の態度はぜったいに失礼だしな〜(兵器を自由に撮りたい)戦争で苦労されたであろう老人に、ヘンな女一人で日本の印象を悪化させたくないし。即座に丁重にお断りしました(正解だった)
太平洋戦争のことはアッサリ触れる程度でメインは朝鮮戦争の悲劇。ドラマチックに展開される戦争絵巻にクギづけ!解説がハングルと英語だけで不明でしたが、実物の兵器、原寸大の戦場ジオラマ、風吹を体感しながら観る3D劇場などなどリアルな再現シ—ンの連続に言語無しでも楽しめました。

%e8%a8%98%e5%bf%b5%e9%a4%a8
前庭に配された超巨大モニュメントに沸く!

%e5%83%8f
噫!果て無き戦闘

kyoudai
「兄さん!」
南北分断の裂け目をまたぐ兄弟愛

2016-09-02-14-03-32
「戦死者検索システム」

tokuto
これは凍土から発掘されたマンモス、ではなく独島だ(記念撮影用)

2016-09
遊泳する魚類のような小火器群と大韓民国児童たち
(つづく)

 

韓国出張

今まさに台風10号が東京に最接近せんとする過日8月二十九日深夜の羽田空港。生まれて初めて空港ロビ—で夜を明かし早朝6時の便にて韓国は仁川へ向け飛び立った。台風の影響だったのか?ダイナミックな雲海の上、ぐんぐん気流に乗りまくり旅客機は予定より30分も早く目的地に到着〜(搭乗前は過剰にビビっていたのに下界の写真撮影に気分は上々!あっというまの空の旅)
韓国出張のミッション。それは現在開催中の光州ビエンナ—レの会場確認、開幕式典とそれにともなう諸行事への参加です。昨年の台湾トリエンナ—レと今回で二度目のアジア渡航になりますが、英語がまったく喋れないのに社交なんて無理だよ〜と半べそかいてグズって、結局今回も同伴者に頼ってしまったのでした…(結論:やはり外国では英会話ができないとナメられる)
展覧会は昨年参加の台湾展のほうが面白かったけど、日本と似ているようで全く違う韓国の文化は新鮮で勉強になった。韓国の若い男女は清潔感にあふれ美しく、バスや電車ではマナ—が徹底され静か(いつもの大声で喋っておじさんに注意された)。約4日間滞在し帰国。帰りの電車のなかで、東京という所は色んな風貌の人間がゲラゲラ大声で喋る、へんてこで五月蝿い街だなぁと改めて思いました。

2016-09-01-14-39
人外交差点と私
こんな高い場所に飾られちゃったYO!

2016-09-01
中央女性は作品鑑賞と会場チェック(アラさがし)に余念のないまゆみさん
(このボンヤリ者を語学力と判断力で補佐してくれてありがとう)

2016-08-31-19
珍しい寺でのバイキング料理。寺なのにバイキング、でも精進料理
普段ほぼ野菜しか食べない私には嬉しい御馳走!
中央の天◯らは朝鮮人参で強壮作用があるという。

★光州ビエンナ—レ★長期開催中!韓国在住もしくは渡航予定の方は是非

投稿作品より

先日、我が家のマンガコ—ナ—紹介の欄でふれた「ゴメス」とは何か?掲載誌が数冊発見されたので少し紹介しましょう。(ノ—ト◯ソコンが壊れてアルファベットと数字がいくつか打てないので、脱字は故障箇所を想像して埋めて下さい)
ゴメスとは1990年代初頭に◯ルコ店頭で無料配布されていたフリ—◯—◯—です。美術学生だった当時、愛読者でありハガキ投稿人でもあったのです。よく採用されていたので地方にファンがいたほどでした。今見るとたいへんくだらなく平和な時代でしたね。

you
渾身の詩「アイツ、俺。俺達イコ—ル タ—トルネック」
これは◯エムのコ—ナ—に投稿し採用された作品で、イラストの男の肩付近にはYouのサインが見て取れる。不阿久悠(ふぁく・ゆう)は◯エム投稿専用の◯ンネ—ムで、言うまでもなく阿久悠先生にたいするリス◯クトです。

同居人
同じ号の読者の◯—ジに掲載されたマンガ
ウサギ似の男が帰宅したばかりの同居男性の体を掻いてあげている心温まる場面です。
登場人物が男で、服飾品(ベルト、バックル、ネクタイ等)にこだわりがあるところが、当時の作風の特徴。ウサギ似の男愛用のウエスト◯—チも好きなアイテムのひとつ。

総火演の火は遠く

九月から新作のアルミ箔屏風「富嶽」にとりかかろうと資料を収集中です。その「富嶽」の舞台となる富士裾野、陸自演習場での実地見学のチャンス!毎年恒例の富士総合火力演習が、なんと今週末28日の日曜日に!でも行かない(行けない)。炎天下に押し寄せる見学者数は約三万人そこへ飛び込む元気の持ち合わせは微塵もない。そして最大の不参加理由は「応募してない」から。28倍の倍率を射止める強い籤運の持ち合わせも勿論ない。火を吹く10式戦車の姿は涼しい屋内で紙面で眺める事にしよう。

2016-08-23 20.
総火演の面影を慕いて…
2年前の陸自広報紙「防衛ホーム/号外」総火演特集号
裾野演習場駒門厰舎(現 駒門駐屯地)の昭和11年ごろの絵葉書
総火演に参加した陸自OBの持ち物だったという黒鞄(¥800)には、白眼でこちらを凝視する不穏なトーチカ富士(私にはそのように見える違うかも?)が描かれている。
これら物品から裾野の大草原を駆ける機甲の群れでも想像してみようか?

2016-08-23
防衛ホーム紙面より
「この車両かわいいだろぉ。資材運搬車っていうんだよ」
…え〜ぜんぜんかわいくないケド?

撃!それは自衛隊内でしか買えない品物!
カレー撃/まんじゅう撃/せんべい撃…
確かにそれは自衛隊内でしか通用しないセンスの品物!
(中のピーナツが銃弾みたい…おいしいと評判のせんべい撃!)

 

憩いのコーナー

先日ご紹介した「ときめきの墓」のようなタメにならない漫画本は、廊下の漫画コーナーに収蔵されこの一画は癒しのコーナーとなってます。(写真参照)ここに陳列された戦後の貸本、オカルト漫画の多くはモヤモヤとした釈然としない気持ちわるい読後感を残す。したがって手に取って読むことは滅多にない。内容とは裏腹にポップな背表紙のタイトル、私刑(リンチ)/ミイラ狂女/こいつら100%伝説/狂っちゃいねぇぜ…などを鑑賞するのみ!お気に入りのグッズと並べ眺めることでヒーリング効果?を発揮するというワケです。

マンガ
誰も知るまい!私の栄えある初の受賞歴が「GOMESマンガグランプリ‘93岡崎京子賞」であることを…
マンガ賞授与した者としてはコミック蔵書の少ない本棚、しかも中段は文庫本で漫画ではない。そして下段を占めるエコエコアザラク20冊は学生時代にゴミ集積所でひろった本だ。

【おしらせ】
無人島プロダクション10周年記念展「エディションズ」20日(土)より開催で〜す!

aso
いよいよ無人島も10周年。威勢良くあがる噴煙にも動じないノンキな動物たちのように、地獄極楽を生き抜こうじゃあないか、我々も!写真集/最近の阿蘇より(展示とは無関係です)

ときめきの墓☆

日曜日に祖父の27回忌の法要があり、久方ぶりに新宿の専福寺へ赴き、風間ファミリー一同で焼香し読経をしました。経文には簡易的な譜のような記号\、/、ーなどがふってあり、初心者でも音階の上げ下げがわかり簡単に読めます。コレは面白くて毎回楽しみ(畢竟依に帰命せよという指令は何だろう?と毎回疑問)締めくくりはご住職の説法で、その日の話は「108つの煩悩も分類すると物欲、怨恨、愚痴の3つに集約され、特にやっかいな愚痴は南無阿弥陀仏の六文字を唱えることでリセットされる」というクイックリーで便利な親鸞上人の教えだった。もはや悟りも修行も無用だ!わたしの帰命するシュティルナー 上人「創造的虚無」の五文字経文とどっちが有効かな?

墓
つもり重ねた不孝の数をなんと詫びようかご先祖に!
今はそう合掌するのみ…現世の詫びは冥土でするつもりだ。
(しかし)写真は風間家の墓ではなく、同じ墓地にある月岡芳年のお墓。
死んで骨になった暁には彼の血みどろ画狂と同じ土に埋められる!と想像すると死後の世界にもトキメキがある。

ときめき
お墓の前でときめいてるのは誰だ!
つのだじろう「ときめきの墓」は恋愛と裏切りと心霊…チョッとエッチな成人向け恐怖漫画集