遠賀川憧憬

日産AAの展示作業と審査会が終了し、来月8月の一般公開を待つばかりとなりました。日産用の新作が完成したらすぐ北九州用の作品の制作に取り掛かるつもりでしたが、美術館の企画がコロナで中止になり新作計画は宙に浮いた状態に(作るかどうかわからない)。
予定どおり秋に北九州市(西小倉)に行けてたら、遠賀土手ゆきゃ雁が泣く…と高倉健のヤクザ演歌『花と龍』に歌われている遠賀川まで足を伸ばし堤防を散歩する目論見も中止。別件で取材目的の宮崎県(宮崎市)にも移動の自粛で行けず、初の九州上陸は今年は見送ることにしました。
現在九州地方には、先週末から降り続く豪雨で激甚な被害が…定点カメラ映像で見ると遠賀川も濁流になっていて心配。もういい加減止んでほしい!(美術館の仕事は無くなったけど、いつか行きたいです)

(無人島の室内堤防の上には…)
IMG_0061
一見すると堤防に置かれたペットボトルですが
(なんと!)これは精巧に作られたガラスの芸術品なんです(真実はあなたのその目で)。

臼井良平展「Solid, State, Survivor」

会場: 無人島プロダクション
会期:2020 7.4 – 2020 8.9
open: 水~金|13:00-19:00/土・日|12:00-18:00
close: 月・火・祝
※ 今後の状況により営業時間の変更や、やむを得ず休廊となる場合があります。最新情報は随時ウェブサイトでご案内します。ご来場前に必ずご確認ください。

危機の可視化

昨日未明(AM2時半)寝床で小説を読んでいると「グオンッ」と今まで聞いたこのない不気味な音と振動を感じ「なんだろう?」と不思議に思いましたが、かわいそうな結核末期の少女が心優しい結核青年2名と連れ立って散歩する章を読み続け、遠からず少女が埋葬されるであろう墓地を訪れた3人が、まだ墓標のない空いた区画にたたずみ、皆して黙り込む場面まで読んで寝ました。
遅い朝に起床しネットニュースを見ると〈関東地方広域で火球の目撃情報〉と報道されており、あの変な音は火球の発した音だと判明。もしあの時間にゴミ出ししてたら輝く火の玉が見れたのに〜残念!次にメールをチェックするとNYから「オンライン展覧会に掲載しました」とのお便りが。この企画は、現下コロナ禍において美術で何を提示するかという試みで、私もコメントと作品で参加してます。燃える隕石を見ることはできなかったけど、こちらのオンライン展覧会はパソコンかスマホで見ることが可能です。どうぞご覧になって下さい。

IMG_1110
↓以下サイトの「怒涛の閉塞艦」画像をクリックすると私コーナーが見れる(はず)。
 How Can We Think of Art at a Time Like This?

三年ぶりですね

先週木曜日から今週月曜までの5日間、横浜の秘匿会場と自宅を往復しながら続けた作業が終わり、ギリギリセーフで展示完了。その間、右目下瞼のモノモライは着実に成長し、赤い果実の表皮のごとくピッチピチに張りのある立派なモノモライになった!3日後にトーク撮影を控え、斯様に見苦しい姿が記録されるのを忍びなく思い、滅多に行かない眼医者に行くことを決意した、が(どうしたことか?)保険証が見つからない!仕方なく早足で隣町の役場に出向き、保険証の紛失届及び再発行の手続きをする。先日のスマホ水没の件といい、このような粗忽さから生じる無駄な時間をどうしたものか?
先生の説明ではモノモライの主な原因は「ストレス・睡眠不足・不潔」だそうで、残念なことに私の不摂生に全て該当する(細菌が好む土壌は全て私に!)。しかも、どうやら3年前にも同様の症状で来院したらしく、当時の来院証拠(病状写真)と本日撮影のモノモライ写真を大型モニターで比較し、今回の方が酷いので目薬2種/塗薬/飲薬とより多くの薬を処方してくれた。3年前のことはすっかり忘れてたが、ということは3年毎の横トリ開催年と、スマホ水濡れ事故とモノモライ発症の周期がピッタリ重なることになる。三年後もスマホ水難とモノモライに要注意だ!

IMG_0038
よもすがら贋札悪行ものもらい

隣席の予言者

3ヵ月と1週間ぶりに東急東横線に乗車し、横浜某所に建設された日産AA展示会場(作品設置作業)へ!新作4点のうち2点が手付かずというありえない状況から、久しぶりの電車に喜んだり珍しがったりの心の余裕は全く無い。感染リスクが高そうな渋谷行き芋洗列車を忌避し、二子玉川経由下り列車一択で横浜を往復するのみだ。
車内では時節柄「マスクを着用し会話はお控え下さい」というアナウンスが流れており、大凡の乗客は大人しく遵守しているように見えた、そう、私の隣に座った中年女性以外は…。このご婦人は目には見えない何者かに向かって「〇〇協会の写真コンクールは出来レースだ!」と大声で暴露し「臓器移植はファンタジーなんだよ」と告発する。更には「1969年、NY市のマンションの地下には多数の洗濯機が並んだ洗濯室があり、そこでは黒人の用心棒が見張りをしていた。その洗濯機は全てローラー式脱水だった」と証言し、最後に「全自動式洗濯機がこの世から消えてしまったら、その時デニム衣料は滅びるであろう!」という不気味な予言を宣告すると、さっと席を立ち降車してしまった。(東横線に乗ったら再びこの奇妙な告発者、預言者に会うことができるだろうか?)


(東横線菊名駅ホームから)
IMG_0043
〈今までにない ぬいぐるみ〉とは?「ティラノサウルスには体毛が生えていた」という新説に基づき作成した新型ぬいぐるみのようです。

こりゃ大変だ

わぁ〜間に合わない(かも) どうしよう、急げ急げ!
問い:あんなに時間があったのに何故このような窮地に陥ったか?
答え: 万年自宅待機で自粛の必要がないのに行動制限=怠けたから。

アクセル全開(しなくちゃダメだろう)
IMG_0018

雨にぬれても

スマホを新調して一番厄介なことはデータの復旧で、まずいことにバックアップを全く取っていないので、すんなりと事は運ばない。と言っても作業するのは妹で、私にはチンプンカンプンだから全ては忠良なる妹にお任せだ!前回のビール濡れ故障の買換えの際は復旧作業が深夜まで及んだが、今回は使用期間が短かったせいか前よりは早く完了させることができた(妹が)。
これらの作業を難航させる最大の要因は〈パスワードを覚えてない〉ことで、自分でも怖くなるほど全部忘れている!こんなこともあろうかと事前にパスワードをメモして写真に記録しておいたが(なんと!)この情報は死んだスマホ電脳の中で、もう見ることが出来ないのであった!ギャフン

パスワード再設定・データ復旧・必須アプリ導入など煩雑な作業を(妹が)成し遂げ、無事に新アイホンが従来通りに使用できるようになって一安心。新SEアイホンは扁平な形こそ不満だが、旧SEアイホンより水に強いのが長所。しかしこれは防水機能ではなく軽度の水はね対応の耐水性であるという。「雨にぬれても平気さ、そう俺はね」とサンダンスキッドのように粋がってうっかり濡れてはいけない。今後も引続き水気に要注意だ!(そう俺はね)

LINEの記録が全部消えちゃった!
IMG_0011
と思ったら、何故か友人との会話が一通だけ残っていた。それは「ペーター・ホフマンがいかに格好良くてステキか」を友人に訴える重要性の低い内容で、他の仕事関係の重要な記録は一切合切すべて消失してしまった!関係者皆様にお詫び申し上げます…(自動的にライン脱会してたらスミマセン)

ところであなたは誰ですか?

スマホの購入が急務となり携帯ショップへ行かねばならぬが、私には販売員の言葉が理解できない(月額いくらとか苦手なので馬耳東風)、なのでまた妹に付添を依頼すべく連絡しようにも肝心の通信機器が無いではないか!!(ギャフン溺死)。仕方がないので実家で電話を借りることした。無事に妹と夕方会う約束を取り着け帰ろうとすると「待ちなさい!お父さんの携帯を貸してあげるから持って行きなさい!」と部屋の奥から父の大声が…。第三者の携帯電話を所持したところで何の意味があろう?当然「え??いらない。バイバーイ」と雑にお断りをした。(父宛にかけてきた相手への説明・電話の取次に徒歩2分・そして私が父のスマホを所持してることを関係者は誰も知らない)

IMG_2984

別れは突然に

昨夜アイホンをトイレに水没させてしまった。画面には紫色の不吉な縞模様が点滅し、本体は火を吹かんばかりに発熱!急いでアイスノンに寝かせたり、シリカゲルに埋めてみたりと手を尽くしたが敢え無く昇天…。現行モデルの平べったく角が無い感じが気に入らず、わざわざ探して入手した最後の小型モデルだったのに悔やんでも悔やみきれない!思えば先代は3年前ヨコトリの年にビールでびしょ濡れになり不調なまま再起不能に。そして今回もヨコトリ開催の年に水難事故。ということは3年後(横浜トリエンナーレ年)も水関連に要注意だ!(もうスマホ帯同で水辺には近寄らない)

(ありがとう。さようなら。)
IMG_0006
エッジの感触と重量感が好きだった旧小型アイホン達
(不本意ながら本日大きめ新アイホンを購入)

ファンタスティックプラネット

20数年まえ渋谷のどこかの映画館で、餃子のような耳を持ち、赤く丸い目をした不気味な巨人が出てくるアニメ作品を観た。その青い巨人族は瞑想することで脳内で旅行をし、変な世界を自由に見物できて、学校には行かず、覚えたい情報を機械で頭脳にインストールするだけの学習をしてた。(一日の大半をじっと座り脳内活動に時間を費やしてる点では、今の私の姿とあまり変わらない。)

…先日の夢の中で一緒に旅行をし、巨大本棚講堂を見た兵庫県の友人から「変わった風景を見ることができて
夢の自分がうらやましい」と連絡が来た。現在の科学では彼女の希望どおり他人の脳内に入り込んで旅行するのは不可能だが、未来にはあのフランス製SFアニメのように実現するかもしれない。今年はミュンヘン/ニュルンベルク/ベルリン/宮崎/小倉など各所への出張旅行が中止になってしまい本当に残念だったけど、ゆくゆくは脳内旅行で用が済んでしまう日がくるだろうか?いや、私は飛行機や新幹線に乗って移動したい!

(巌の男達)
IMG_3115

IMG_3113

IMG_3112
日本諸国の瞑想旅行は古絵葉書で!
(さてと、私も岩の上の男達と一緒にボンヤリ海を眺めるとしよう…)

自菓自賛

〈金属性の、快よい響きを持つ固さながら、口に含めば、素朴な香りと共に、滑らかに溶けひろがる風味の妙…〉〈一点の緑茶を得て、過もなく、不足もなき幽玄の菓味…〉
この儼乎たる文言は、菓子袋裏面に印刷された文章の一部で、製菓会社が自社製品『栗らくがん』に上げた賛だ。落雁を一口齧った瞬間の、思いのほか硬く、咬合力を要するあの食感を「金属性」と表現した点は言い得て妙である。

IMG_3110
なるほど、自信のほどが窺える…

IMG_3109
躍動感あふれる書体の『栗らくがん』
…その横には力漲る〈静かなるブームの波紋を拡げる!!〉のスローガン
静寂かつ微弱な波動は、未だ私のところには到達していない模様である(このお菓子は実家で発見)