カテゴリー別アーカイブ: 活動関係

ボツの惑星

(バビロンまで何マイル?)ここから埼玉県東松山市まで何マイルか不明だが、埼玉展オープニングまで27日しか残っていないという事実は、残念なことに如何ようにもしがたい現実であり「完成が間に合わないかも?」という逼迫した危機に私は直面している。この大遅延は下絵に時間を費やしてしまったことが大きな要因で、いまさら大量のボツ原稿たちの存在が恨めしい!…そう、これら時間泥棒の星辰たちも!

(ボツの惑星)
IMG_8192
この浮遊する太陽系下絵は、太陽/水星/金星のみ採用で、その他の惑星は戦力外となった。

(とりあえず告知)
IMG_8274
『ディスリンピア2680』展
4月28日〜7月8日
於:丸木美術館(埼玉県東松山市)

*4/28 オープニングトーク
6/9 ゲストトーク(安冨歩さんと)あり!

告知(顔と抽象展)

「すべての葉っぱの裏に暗示が潜んでいる」黒々と執拗に描かれた樹木になんともいえない胸騒ぎを覚えたのは、渋谷区松濤美術館で河野通勢の風景画をみたときのことで、たぶんそれは10年も前の話になる。3日前その河野通勢の油絵の隣にわたしの木版画が展示してある、という報告が写真付きで突然届き、あの北方ルネサンス風フロム長野・ペトル河野通勢先生の横に飾られたこともさることながら、全く知らないうちに展覧会に参加していることにとても驚いた!

(左:河野通勢 中:田中角栄 右:有島生馬)
IMG_8275
 高橋コレクション 顔と抽象———清春コレクションとともに展
 山梨県 清春芸術村にて 3月18日– 5月6日

比較対象

予定より2日遅れてトレースが終わった〜!拡大コピーして不鮮明になった画像から、線を拾ったり修正したりしながら絵をなぞる作業は、緊張と退屈が連続する地獄ですが、今回は「風雲13号地」の倍サイズ、縦2.4m× 横6.4mなので地獄度もズバリ倍!(労働奉仕団の学徒隊列とブルマ少女団の人文字の版では、動員人数過多すぎて職場放棄の危機が…)そして恐ろしいことにコレを彫る作業が次に待っている。だがしかし私は、無人島P社長からもらった魔法の言葉『大したことない』を復唱し、6mなんて大きさは現生ホホジロザメの体長と同等サイズで、メガロドンと比較したらたったの三分の一に過ぎない。と古代鮫の巨大さと作品サイズを比較することで「なんて小さい作品を作ってるのだろう!」と頭の中で事実を矮小化しまーす。頑張れ!かざまランド!

【メガロドンは18m】
IMG_8206
この黒光りする物体は巨大古代鮫メガロドンの歯の化石(の半分)
鮫は軟骨なので歯のみ化石で残る。なので体長は歯の大きさから推測されたものだという(単に歯が異常にでっかい普通の鮫だったりして…)

【トレース終了〜】
IMG_8199
石化した女が悲劇的なディスリンピアの右端部分

冬のオリンピア

おもいつきで事を始めて、後になってその無計画と無謀さに苦しめられる。といういつもの行動パターンで今現在も遭難しかけてま〜す。楽勝と過小評価して登り始めた山は、高尾山でも六甲山でもなく気がつけば(火星の)オリンポス山だった!…そんな幻覚に襲われる日々のなか、冬季オリンピックをTV観戦して折れそうな心を奮いたたせてます。
昨日はカーリング男子を観戦。的であるハウスに石を集めず、なぜ手前に散らかったように置いてそのまま終わる時があるのか?また、ハウスに誰もいなくなりご破算で終了する理由は?解説で言う「見えない石」とは?など数々の疑問がわき、見えない石を想像してみたりと、これは良い現実逃避となりました。(石を厚く当てるというのも変だ)

(トレース13版目)
IMG_8174
これは版木と拡大下絵の間にカーボン紙をはさみ、描線をボールペンでなぞって転写してるところ。一枚60.6×91.5センチの版木を28版使用。過酷すぎる…一日3版のノルマは(勿論)こなせてない!

明るくて重い!

昨年の夏。横トリ開催中に横浜美術館会場で行った中高生への作品レクチャーでは、私の話が長いのと、絵柄が白黒でどぎつく、さらに内容が重いことが要因となり、いたいけな生徒2名を卒倒させてしまう、という事態が起きてしまった。昨日、その当日の報告写真が送られてきて、そこには私の印象が「明るく重い人だった」とズバリ大書きされていた(まさにそのとおり!)この明るくて重い私は来週(19日)また一つ歳を重ねる。ますます人生は重たく、己の迷妄ゆえにタガの外れた(一見すると明るい)人物像となるだろう。それもまた良し!

IMG_8170
「こんな人間でも生きていける」という見本

ホヨトホー!ハイアハー!

下絵の作業がやっと終わった〜。地下生活者のように在宅中心の生活を余儀なくされた私は、三度の飯は食べなくても、一日三度、ワーグナーのヴァルキューレ(ハイライト集)を欠かさず聴くのを日課とし、ロマン主義の茫洋たる黒雲に駆けてゆく天馬の群れを想い、自分の怠け心に鞭を打った!
ちゃんと怠けず黙々と仕事したのにナゼか大遅延…遅れに遅れた下絵を28分割し、渋谷のコピー店に持ち込み、435%拡大コピーを指示して本日仕上がる予定。この拡大下絵を版木にトレースし、彫って刷るのを残り2ヶ月ちょっとでこなすのは通常では無理。だけどやるしかない!

IMG_8162
(薄暗くて見えないけど)すり鉢状のスタジアム(地獄)中央にトレーニングセンター(煉獄山)が鎮座する。天上界からは不気味な手が…。(細部は後程)

競技場に見えるかな?

ものすごく時間を費やし(浪費して)やっとディスリンピア競技場の背景が描けた!もとの素材があるので容易に描けそうなものに(何度も描き直して)時間がかかってしまった…。以下の写真がそれ。

…生命淘汰の祭典・ディスリンピックの舞台は、ヒ総統お抱え建築家 A. シュペーアの『廃墟の価値理論』の思想と、ドストエフスキーの引きこもり小説『地下室の手記』の作中で主人公が言った「産まれながらの死産児」という言葉から着想を得て、誕生間近の建造物(工事中)のようにも遺跡にも見えるような曖昧な場所にしようと決定。なので、写真のように一見廃墟のような背景になっています。部分ごとに素材にした場所があり、開閉式ドーム天井は大阪で見た「なにわの海の時空館」という廃墟の内部、V字型に配置した高架道路は台湾で見た工事現場、左の客席は現在建設中の新国立競技場の工事現場、右の客席は山口県宇部市に実在するというセメントの採石場。ここはなかなかの奇勝なのでいつか見学してみたいです。

IMG_8047
左右対称にキッチリ描いたのに、例のごとくゴチャゴチャした絵が加えられこの秩序は乱される、とても憂鬱…

【遺跡に見える現場の実例】
IMG_7711
古代の神殿のように見える(埼玉県東松山市)

IMG_7926
ミステリアスな超文明の遺構に見える(世田谷区新町)

IMG_7421
古代豪族の墓のように見える(世田谷区駒沢)

ディスリンポスへの道

私が東武東上線に乗車したのは、陸上自衛隊広報センター(通称りっくんランド)へ遊びに行くためではなく、埼玉県東松山市にある丸木美術館で展覧会の打合せがあったからです。学芸員さんと日程及び内容に関する話合いが持たれ、開催を来年4月下旬と決定し、4年越しのディスリンピック計画実現を公言しても差し支えのない段階へと進展!民族の花園=ディスリンピアの祭典が無事に開幕できるよう、年末年始も怠けず作業あるのみで〜す!

【美術館にて】
IMG_2341
これは学芸員さんの説明を真剣に聞いている場面で、半口を開けてボ〜っと立っている訳ではない。

【警告:藪に光る公徳の眼差し】
IMG_7712
以前「山中にある美術館」と報じたのは私の勘違いで山中ではなかった。
山ではないけど美術館周辺は荒廃した暗い藪が多く、不法投棄されやすい環境だ。もし貴方が所有の重荷に耐えられず、ここに放下しようものなら…捨てたモノと罪状に見合わない1000万円という莫大な罰金を支払うこととなり貴方はきっと破産するだろう(だから気をつけよう)

今日で4周年

一昨年前の同月同日。突如このブログへの接続が不能となり、画面には「ここには存在しません」という意味合いの英文が!「すわ!サイバーテロか?」と一時混乱したものの、その原因がドメイン使用料未払いによる使用停止であるとすぐに判明し、ちょっと肩透かしな気分に…。今年はそのようなトラブルもなく平穏無事に11月7日を迎え、本日をもって窓黒開設4年目に突入です!

左様このように年間契約料を支払うことで、SNS的交流および広告などに場を提供せず、当ブログ独自の構成を維持しているのです。私はこの秩序死守のために相応の代金を払っていますが、皆様が読むのは無料!なので、今後も引続き(ヒマ潰し程度に)ご愛読のほど何卒よろしくお願いいたしま〜す。

【かざまランド執務室より電信す】
IMG_7418
読者諸君の生活に何ら関係なく全くお役に立たない情報はここから発信される。
その駄文の数はゆうに400を超えた!

ドイツ兵も食べている

この四角い茶色の物体は「プンパニッケル」というドイツ製ライ麦パンで、機能性の高さからドイツ軍の携帯糧食としても採用されており私の好物でもある。厚みはたった4mmしかないが、ほの甘酸っぱい独特の風味がすごく美味しいわけでもなく、モソモソしてて咀嚼に時間を要する大変に食べ応えがある食品だ。(2枚でお腹がいっぱいに)
鉱物のニッケルとの関係性は不明だが、この8.5×11.5×3センチの大きさにキッチリと銀紙で包装されたコンパクトな(食品に見えない)姿とズッシリとした重量感には、鉱物に通じる魅力があるといえよう。何より栄養価が高く少しの量で満腹になるので、忙しい時や食欲のない時に私も大いに活用している。

…さて、明日はウラトリバー臨時ママのお務めがあるのだが、折り悪くウッカリ風邪をひいてしまった!ガビーン。そこで「必ず出勤」の意志を固め昨夜から14時間寝て、昼にはプンパニッケル2枚を食し薬を服用。このように治癒の努力をしているので、明日には快癒しているはず!もし不調であっても匍匐前進で東横線に乗車し、皆様の待つBARへ向かうとお誓いする!(いつものようにペラペラ無限大に喋れなかったらゴメンなさい…)

IMG_7335
机の色と同化したプンパニッケル
(カッターナイフは食器ではない)

イベント告知《ウラトリバー》
横浜市中区常盤町2-10 伸光ビル1F
open 19:30 〜入場料 ¥1,000 (飲物代含む)
※スタンディングとなりますが椅子のご用意がございます。
詳細情報はコチラ↓
https://www.facebook.com/events/138720613543476/?ti=icl