カテゴリー別アーカイブ: 活動関係

まとめて告知

「余の辞書に余裕という文字は無い!」展覧会を間近に控えてるのに作品が出来てない。このような逼迫した状況は私にとって通常運転である。時間の無いなか畢竟この窓黒も停滞し、ともすると肝心の告知を忘れちゃいそうなので今日はまとめて情報掲載しまーす。

【東京新聞掲載】
5月28日(火)付
東京新聞/朝刊にインタビュー記事掲載 (新聞購読者は読んでみてね)

【馬喰町αM展開催】
『東京計画2019』6月1日(土)〜7月13日(土)
6/1(土) 18:00~19:00
アーティストトーク(無料)
*東京都現代美術館キュレーター藪前知子さんと対談
*同日 19:00〜OPパーティ
詳細コチラ→『東京計画2019』

【スロベニア展参加】
『第33回リュブリャナ・グラフィックアート・ビエンナーレ』
6月7日〜9月29日
詳細コチラ→33rd Biennial of Graphic Arts
(中央欧州からグラフィック界に進出か?!)

【下北沢トーク会】
6月20日(火) 20:00〜22:00 (有料)
下北沢〈本屋 B&B〉に於いて
〈歴史とアートのこれまでとこれからを考える・戦時下のフジタの活動を通じて〉
『予感の帝国』『旅する画家 藤田嗣治』W刊行記念トーク
文化庁文化調査官でフジタ研究第一人者の林洋子さんと対談します。
詳細コチラ→〈本屋 B&B〉

…以上よろしくお願いいたします!

キン肉マン作者のゆでたまご先生は…
IMG_1012
一般公募の超人アイディア採用のさい、意識的に若年層を優遇したという。
しかし、ここにある『ベンキマン』はいかにも児童の発想だが、意外なことに先生自作の超人なのだ。(超人募集はしてないけど皆んなも予感の帝国読者ハガキを朝日出版にどしどし送ろう!編集者の裁量により、マグロくんのような優秀作は私に報告される。)

祝★一周年

(改元と無関係な)一周年とは何か?それは巨大木版画『ディスリンピック2680』が完成して今日でちょうど一年ということ。この事実をグーグルフォトからの一方的通信「この日の思い出を見てみよう」で今朝思い出しました。「見てみよ」と促され思い出フォトを見ると、搬入前に自宅で準備する私、美術館入りしてからもまだ彫りの作業をしている私が写っており、最後らへんの写真に完成作品の前で喋ってる私が…。ここには搬入日4月28日から展覧会初日30日までの三日間の奮闘が記録されていました。
〈オープン後もメイン作品が未完成だった〉という逸話は人づてに広まり「ディスリンピック間に合わなかったんだってねえ」と今でも言われることがしばしば。そんな悪夢のうちに誕生したディス・オリンピック(愚民の祭典)でしたが、憎悪すべきディス国家の祝典は、予感の帝国からTCAA受賞に至るまで私に幸運をもたらし(空想世界だけど)国家的メディアイベントの威力を実感してます(万歳)。そして、昨年は埼玉県まで行けなかった人に東京で観覧のチャンス到来!6月1日より開催、馬喰町αM『東京計画2019』展でディスリンピックを展示します。一ヵ月後を待たれよ!

IMG_0965
焦りまくって作業する姿 (あれからもう一年経ったのか!!)

〈副題 : バベル〉
IMG_0966
これはαM展のDM原稿で、マンションコラージュは平成7年に作ったもの。今回はこれを下絵に木版画を作る。(ということは23年越しの作品ということになる)

【展覧会予告】
藪前知子企画『東京計画2019』於:αMギャラリー
風間サチコ 6/1〜7/13
(5/18まで毒山凡太郎くん開催中!)

報告と御礼

一昨日、東京都現代美術館にてトーキョー・コンテンポラリー・アート・アワード(略称TCAA)の授賞式が粛々と執り行われました。壇上での挨拶、都知事から賞の授与、シンポジウムでの発言など緊張感に満ちた一日も、参列者ご一同の暖かい見守りにより無事に終わりました。行楽日和の日曜日に地下の式場にお集まりくださった皆様、本当にありがとうございました!

この度賜った「TCAA賞」は中堅美術作家を手厚くサポートしてくれる大変に有難い賞で、私と下道基行氏の二人は「これからも頑張ってほしい中堅」として選出されました(主催者、選考員各位に感謝!)。援助を受けるからには、その恩を倍返しする覚悟です。副賞は私の苦手とする海外滞在ですが、先日のワルシャワ出張で予行練習して、少しは恐怖心が薄れたので頑張ろうと思います。まずはベルリンに行き、ミュンヘン、ニュルンベルクで第三帝国の幻影を追い、さらにローマ帝国の栄華を偲び、そしてまた(懐かしい)ポーランドに越境しアウシュビッツを見学する(予定)。
そして成果発表展覧会で『ディスリンピック2680』及び『ベルリン・ディスリンピック』を披露できれば、と目論んでおります。(しかしそれは東京オリンピック後…)

(小池百合子都知事より)
IMG_0956
頂いた金属製記念プレートを会場の皆様に見せびらかす私。
ディスリンピックのディスはディスリスペクトにあらず。しかしディスリンピックのことは(気を悪くなさると思うので)東京都知事には内密にしとこう。

(近所の奥様より)
IMG_0954
「今朝のTVニュースで授賞式を見た!」と庭の花を摘んで可愛いブーケにして下さった。お心遣いありがとうございます!

誤報の訂正

現在開催中のワルシャワ展『Friend of a Friend』の会期を「〜4/27まで」とお知らせしたのは誤報で、正しくは「5月18日まで」でした。(個人的に大変迷惑なGW)10連休にポーランド周遊を計画されてる方は、旅程にワルシャワギャラリー巡りを加えてはいかがかな?改めて正しい情報は以下〈ラスターギャラリー〉のサイトをご覧になってください。

RASTERに展示された〈プレデター〉
IMG_0741
FRIEND OF A FRIEND (←詳細はこちら)
  2019年4月6日– 5月18日
  会場:RASTER、ワルシャワ、ポーランド
(8つのギャラリーで同時開催)

ラスターの素敵な外観
IMG_0603-1

(氷の北極熊と藤城さん)
IMG_0620
連日おもてなしを受け、滞在3日目はここコペルニクス科学館隣接の現代美術館で立食会。(私はコペルニクスと同じ誕生日だが天文学の知識は全く無い)

戦車と正露丸

4月3日。自作5点と我々2名を乗せたポーランド旅客機は眠れるロシア上空を夜間飛行し、11時間超のフライトを終えワルシャワ・ショパン空港に着陸す。
初ヨーロッパ出張で過度の緊張のためか、到着後ほどなくして不調をきたし正露丸のお世話になることに (持っててよかった正露丸)。4日目に訪れた〈ポーランド軍事博物館〉庭園では、独軍ハーフトラック・sd.kfz 251に興奮し「これは夢?」とフワフワした気分で戦車庭園を見学してたら大切な携帯薬小袋を紛失…なんたる失態!高揚感は不安へと急降下!青褪めた面持ちで園内を捜索すると、丸薬入り極小ジップロックがソビエト製戦闘機の前にポツンと落ちているのを発見する(見つかってよかった正露丸)。ドイツ憎し、ソビエト恨めしと歴史の声に呼応するかのように、過活動なお腹は帰国する日まで沈静化せず。征露の弾丸も巨大軍事力には無力である。

クブシュ!!!!!
IMG_0612
これは軍事博物館の本物クブシュ。この素晴らしいフォルムの即製装甲はシトロエンの技術者の手によるものだという。美しい塗装にご満悦なタモリ風の私であった。

(鹵獲ツーショット)
IMG_0680-1
ドイツ車両がなぜポーランドに?と不思議に思われる諸氏もおられよう。
左の装甲兵輸送車sd.kfz251は独軍から鹵獲し〈灰色狼〉と命名され、クブシュとともにワルシャワ蜂起市街戦に参加。一方でヘッツァーは〈フファット〉と名付けられたが、バリケード程度の活躍しかできず、戦後になって教育委員会の命令により破壊される。

(哀れなその姿)
IMG_0686
薄い装甲と狭い車内にびっくり!

【告知!!!】
IMG_0738
ワルシャワのギャラリー[RASTER]と無人島プロダクションの多大なるご協力により参加の運びとなった『Friend of a Friend』会期は〜4/27まで

市内8件の先鋭的ギャラリーにて共同開催。ワルシャワ市民及び世界のアートファンの皆様、是非ともご覧ください!
詳細コチラ→Friend of a Friend 2019

ありがとう・あばよ

一昨日/昨日の無人島『移殖展』は盛況&大好評!「二日だけなんて勿体無い」と惜しまれつつ無事に終了いたしました。新幹線に乗車してまで西から東から駆けつけてくださったお客様各位に深く感謝申し上げます。本当にありがとうございました!
当事者の私が言うのも何ですが、たった二日の展示のために新作、未発表作を準備し、そして面倒な施工や配電をした無人島メンバーたちはエラい!この意気があれば新天地・墨東での復興も大変に心強い(私も頑張ろう)。
「会期が短すぎて行けなかった」という皆様のために(特別サービス)、会場写真と私の新作をちょっとだけお見せしましょう。

〈移殖展〉
IMG_0540
和風居酒屋だった物件を、ここまでギャラリーらしく改装したのに…という名残惜しさもある。
入居当初は厨房だったステンレス張りの秘密部屋は、加藤翼くん展示室として公開!(だがもう見れない)

IMG_0538
新作『不死山トビ子(復活)』
今回は使用済み版木を活用する試みをしてみました。上部の版画〈GAME OVER〉には死を選択した悲壮な少女像が描かれているが、下部の版木では富士山の噴煙を蹴散らし〈RESET〉し復活する生命力溢れる少女像に、版木を彫り進める手法で「改竄」されている(GAME OVERは、無理やりWE♡に改造)。新幹線の横断する逆さ富士の幾何学的景観は、生と死の表裏一体性と、鏡の世界の虚偽を表している。
そして「山の稜線を直線で表現する」という約25年来の描線研究を、この平成最後の富士山画に注いだのだが、どうかな?

無人島引越し(移殖)展

今週3/28、29の2日間限定で、無人島プロダクション『移殖』展を開催します。現在の清澄白河から半蔵門線1つ先の駅(住吉)近辺に移転することが決まり、今回が清澄最後の展覧会となります。慣れ親しんだ清澄にお別れの気持ちを込め、無人島作家一同(いちおう死と再生がテーマ)でグループ展をします。

当初の展覧会タイトルは『競売Death』で、これは飲酒しながらの会議で私が発案したものです。酔払ったノリで皆んな「良い良い!」と賛同してくれたのですが、後日「縁起が悪い」という至極もっともな御意見から却下される…(仕切り直して)忌まわしき競売禍からの起死回生を誓う新タイトルは『移植』に決定今回の引越しの元凶〈競売〉とはなんのことか?長い話になるので簡単に説明すると「大家が夜逃げして、我々の知らぬ間に入居ビルが競売物件になってて、立ち退きを余儀無くされた」という理不尽なお話です。トラブルにもへこたれぬボスの奔走によって新天地が見つかり、夏には新生無人島オープン予定です!お楽しみに〜

(まだ終わってない・始まってもない)
IMG_0518

【告知1】
無人島プロダクション『移殖』展
28日オープニング会/29日クローズド会
*両日とも18:00からお酒を(少量)お出しする予定。

【告知2】
東京都現代美術館
リニューアル記念展 3/29(金)〜
企画展『百年の編み手たちー流動する近現代美術ー』
*MOTコレクションより「臆!怒涛の閉塞艦」が展示されます。

灰色の老兵

妖精のようにお茶目だった高齢同級生のNさんも、あれから23年経った現在ご存命かどうか定かではありません。そしてNさんと木版画を学んだ懐かしい母校〈武蔵野美術学園〉は、昨年春に突如閉校したという。(詳しい経緯は不明)
5年間在籍した版画科を卒業する際、事務室から廃棄処分される事務机を譲り受け、今でも作業机として愛用しています。満身の力を込めて天地左右と圧をかける刷りの作業は、灰色く重たいスチールのボディを徐々に歪ませ、いつのまにか天板下の引出しは不動となり、開かずの引出しとなってしまいました。(金閣寺のポスターや洞窟の絵葉書、劣化した色鉛筆などツマラナイ品が出せない)

(取材陣に大人気のMy事務机は…)
IMG_0459
一昨日(3/6)発売。本と漫画愛好家向けの雑誌『ダヴィンチ』の推薦本コーナー《一目惚れ大賞》にて机の天板のみ登場!一目惚れ大賞に選ばれたのは、もちろん机ではなく作品集『予感の帝国』です。私が喋った記事も掲載(そのページは後日紹介)。
他にも現在発売中『版画芸術』と、3/10発売 世界のデザイン誌『アイデア』の新刊案内でも紹介されてま〜す。

ディスリンピック津々浦々

昨年の12月下旬に受けた共同通信社によるインタビュー取材の記事は、1月17日付から全国の地方新聞に配信され、北から南に、秋田さきがけ新聞/山形新聞/日本海新聞/茨城新聞/埼玉新聞/千葉日報/信濃毎日新聞/大阪日日新聞/徳島新聞/長崎新聞/沖縄タイムズ…と多数の新聞に掲載されました。
爆笑顔の私とディスリンピック画像の掲載されたその記事には、人間の愚行に憎悪する反面、基本的にトーチカとか戦車の形体が好きなことなどが書かれています。
文中では「トーチカ (コンクリート製の防御陣地)」とカッコ付きで丁寧な注釈がついているので、トーチカ予備知識を得た全国の皆様は、日本各地に残存するコンクリート製の不思議な構造物を見て「これがトーチカか?」と興味を持たれることでしょう。

(行ったことのない見知らぬ土地で)
IMG_0369
掲載された新聞の数は合計11紙!

(時には虚偽のポーズで…)
IMG_0371
『マカロニほうれん荘』に登場しそうなコミカルな風態のカメラマンの要望で、作業机に向かい何か描いているフリをしている私は、過去に「きんどーちゃんに似ている」と言われたことがある。

WSの朝に…

〈昨日夢の中で〉小池都知事が差向けた刺客から逃れるために偽装入院 (なぜか吉祥寺の母校が病院) していたが、潜伏場所がバレていよいよ追っ手がそこまで迫って来た。ベットの下に身を隠していたが、これではすぐに見付かってしまうので、裏口から抜け出し西荻窪に向かって逃走する。駅前の雑踏に紛れ「これで大丈夫」と安堵していたら、背後から「風間さんですよね」と声をかけられ振り向くとカジュアルな服装の男が二人…!腕を掴まれ拘束されそうになった刹那、私は周囲の人々に大声で訴えた「私は風間サチコという美術作家です!都知事に拘束されそうになってます!助けてください!ネットで私を検索してください!私は無実です!このような弾圧は許されません!…」必死に叫んでいる場面で枕元のスマホが鳴り、母からの電話でこの悪夢は中断した。

悪夢から救ってくれた朝8時のモーニングコールは、国立新美術館でのワークショップ『ぼんやり階級名刺を作ろう』の仕事に遅刻しないように母に依頼していたもので、おかげで都知事の手下に捕まる前に目を覚まし、約束の時刻に間に合い、無事に講師を務めることができました。

(素晴らしい皆様のぼんやり名刺)
IMG_0348
(12時の位置から時計回りに)
処理済/呑んだくれネコ/ジェラシティガール/ドキュメンタリー/修活中/博士中期課程/マイッカ同盟/水玉作戦/ビギナー/家ぽん族/ケバブ/最速おっとり/あまアシ/めぐろ女子/マイゴ21/MAZIME/兄/策士/ネコトレ/鬼ぐんそう/白髪祭/TANUKI/担当p/住処不定/殺人願望
….実用向きの名刺から実用不向きの名刺まで総数25点の作品ができました!

IMG_0354
味わい深い「白髪祭」と「鬼ぐんそう」は素敵なレディたちの作品(こんな銘柄のお酒がありそう)