カテゴリー別アーカイブ: 出来事

忘却の防波堤

終戦の日特集TV番組を毎年観ているが、太平洋戦争敗戦後77年経っても「新事実」が発掘され取材のネタが尽きないのを観てると、まだ知らない無尽蔵の秘匿情報が想像されゾっとする。
昨晩NHKでは、インパール作戦からの「転進(という名の敗走)」の証言を特集していた。敗色濃厚となり、兵隊と民間人を捨ててトンズラした上層部の大罪に対して、普通にヘラヘラ喋っている当事者の声を聞くと、人道的な思慮よりも何より自分の命と地位が一番という上級国民らしい性格が透けて見え、こういう図々しい性質の持ち主こそ政治屋になるのに適しているのだろうと思った。悪い奴等のことを時々思い出すことは(気分が悪いが)大切なことだ。

先週木曜は8月11日。毎月11日は東日本大震災犠牲者の月命日なので、被災地のお盆は11日から始まるのだという。私は帰省ラッシュのことまで思いが及ばず、この日発の東北新幹線乗車券を事前購入せずにぼんやりしてたら、1週間前にほぼ満席となってしまってた!(残り1席をおさえてもらい無事に行けた…)。
翌12日〈いしのまき元気いちば〉に弁当を買いに行って、店頭に並べられた大量の仏前用の花束が飛ぶように売れていく様に遭遇してもピンとこず、後でスタッフの女の子から売れる理由を聞いて「そうだった…!」とようやく気付き本当に恥ずかしかった。生きている人間は自分の事情が一番で、忙しいとか口実にして大切なことを忘れがちになるが、忘れてはいけないことは沢山ある。

旧北上川河口付近
IMG_4174
スズキやカレイなど高級魚が釣れる人気釣りスポットだが、この日は台風前日で閑散としている。
防潮堤を登らないとここが沿岸の地域だということを忘れてしまう。景観はもとより潮騒や潮風すら遮断されてることに驚かされる。

IMG_4161
「タコまみれ飯(小盛)」税抜価格¥450
タコ出汁で炊いた茶飯の上に煮ダコがたっぷり!
めちゃくちゃ美味い!このお弁当は〈いしのまき元気いちば〉1階お魚コーナーで買えます

赤いミルキーウェイ☆

一週間前(旧暦七夕)に脇腹に現れた赤い斑点は日を追って背中と下腹まで帯状に広がり、あたかも赤い天の川のようである。発疹の一部はジャンボタニシの卵っぽいブツブツ集合体に成長し、帯状疱疹を発症させる水痘ウイルスが、幼稚園児の私を全身ブツブツにさせた水疱瘡の原因と同一ウイルスだというのも納得。
それにしても幼児期に感染したウイルスが40年以上も神経節に潜伏し、人体が弱った頃を見計らって復活するとはビックリ!にわかには信じがたい迷惑な復活劇だ。この忙しい時に限って…と文句を言いたいところだが、奴には意思も遠慮も無い。だから仕方が無い。

小冊子〈帯状疱疹こんな病気〉
IMG_4117
患者しかもらえない小冊子をもらったよ
(円形ハゲにはお薬をヌリヌリしてもらった)

赤ペン先生
IMG_4118
キレイな状態で保存したかったのに…先生は赤ペンでグルグルとチェックしながら説明。私は「なるほど〜」と平静に相槌を打ちながら心の中で(ギャー!書き込まないで〜)と叫ぶ。

肉をつねり骨を刺すような痛みで丸二日寝込んでしまったが、高価な抗ウイルス薬が効いて快方に向かう。日野日出志先生の漫画『蔵六の奇病』のような化膿症状は、この高い特効薬を飲むことで回避できると聞いて二つ返事で処方してもらう。(背も腹もブツブツで背に腹はかえられぬ)

がんばろう

先週火曜放送NHK『うたコン』三橋美智也追憶コーナーに、民謡演歌のスター福田こうへいさんが登場し「達者でナ」と「ふるさと山河」の二曲を水色と灰色の二着のスーツで熱唱(もちろんシャツは定番の襟なしシャツ)。歌唱力&トーク力抜群、紛うことなき実力者の氏が今年こそは紅白歌合戦に復活出場できますように…とテレビの前で私は祈る。もし出られたら今年の大晦日は第九を観ないで紅白を観よう。

休島
IMG_4001
作品集荷まであと11日だというのにまだゴールが見えず…
この岩(休島)のようにのんびり顔で休むわけにいかない(がんばろう)

CD『ふるさと便り』

福田こうへい『みちのく民謡』CDを一日2回ほど聴く習慣のせいで、就寝時に耳の奥で「よしゃれサァハーヨー」と雫石よしゃれが聞こえたり、作業中も南部木挽唄の〈親方金貸せ 鋸の目が欠けたョ、鋸は嘘だよ 逢いに行くョ〉という歌詞について「子供じみた嘘までついて借金をして誰に逢いに行くのだろう?」と考えてしまい絵を描く手が止まったりしている。このように同じ楽曲ばかり聴いてる影響が出始めているので、福田こうへい新譜『ふるさと便り』を正規ルートで購入し、新しい民謡の謎を仕入れて集中を緩和することにしました。

『ふるさと便り』特製ステッカー付き!
IMG_4031
CDケースにマスキングテープで雑に貼られてた特典ステッカーは、ジャケット写真の縮小版だった。古民家の縁側でお座布団に座り作務衣姿でくつろぐこうへいさんシール(どこに貼ろうかな?)

IMG_4037
裏ジャケでは囲炉裏端に集う楽団一同の様子が見られる(6人分にしては小さいお鍋と少ないお酒だ)
各人各楽器を片手にこのまま飲み会を始めたら、三味線と太鼓の皮に鍋料理の汁が飛ぶだろう。

ミニツワ君は今

5月下旬に宅配ボックスに挟まって地面から抜け、植木鉢に移植されたツワブキは、生存の危機から次郎を残して太郎は切り取る決断をした。(しばらくしてコップの太郎は枯死)
大きな鉢に不釣り合いだったミニツワの次郎は、その後やってきた新参者のカシワバゴム苗木に自身の居(植木鉢)を譲り、代わりにカシワバゴムが入っていたミニポットに引っ越しをした。粗末な新居でも元気に育ち6月下旬には新芽の三郎が誕生したが、早すぎる梅雨明けの熱波にやられて葉っぱになる前に敢えなく死去。それから数週間後、悲しみを乗り越え第二の新芽ツワコが誕生!現在すくすく成長中。

IMG_4024
購入時白いポットに植わってた100均店キャンドゥのカシワバゴム(330円)。見るからに窮屈だったのでツワ次郎の鉢と交換移植。その直後から異様な急成長を見せ巨大な葉っぱが4枚も増えた!

私の好物は油揚げです

今日は吉夢でも悪夢でもないどうでもよい夢を何本も見た。
一つは森昌子リサイタルの夢。古びた体育館の壇上で森昌子が『おかあさん』を歌唱すると、自然発生的に会場中の観客が一緒に歌い始めたのだが、皆んな歌詞が空覚えなのか声が小さくおぼつかない。そんな微妙な空気でも森昌子は「皆さ〜ん、ありがとう!」と涙をポロポロこぼし感極まった表情で歌っている。私が(一流歌手は偉いなぁ)と感心していると、突如ステージ上の森昌子から「風間さん!声が小さい!」と名指しで注意される。知らない歌詞をごまかし口パクをしていたことがとても恥ずかしくなり逃げ出したくなった。

もう一つ印象に残った夢は、どこかのセレクトショップで本物油揚げソックリな長財布を買おうか買うまいか迷って結局は買わない夢。目覚めてすぐに「これは凄いアイデアでは」とリアルな模造油揚げ財布の商品化にビジネスチャンスを感じたが、実際のところ油揚げファンの潜在的ニーズが如何程なのか未知数。いっそのことフェイクではなく、本物油揚げの長方形上辺に(お稲荷さんの袋みたいな)切り込みを入れて簡便札入れを作ったらどうか→ 手もお札も油でギトギトになるだろう。

IMG_3961

医者いらず

透明だから今まで気付かなかったけど、透け透けサンダルの底には無数の突起物があり、これはいわゆる〈健康サンダル〉であることが先日発覚した。友人と会うためオシャレしようとおニューのサンダルを履いてみてビックリ!超ハードなイボ群!徒歩数分の目的地(いちゃりばちょーでー)に着く前に足裏がジンジンと痛くなり、店の階段を一段上るごと強い刺激と抵抗を感じるのだった。

東洋医学によれば足裏には各臓器に通じるツボが多数集中し、ツボの痛みは則ち担当臓器の不調を知らせる信号で、そのツボを毎日刺激することで健康促進が期待されるという。
足裏全体が痛く、臓器不良疑惑が健康サンダルで浮上した私だが、実際のところ内臓が弱ってる心当たりは全く無く普通に飲酒。苦行僧のように剣山を歩く修行(健康サンダル常用)など私には無用と診断。(諸君は、君自身の医者を信用できるか?)

IMG_3905
医者いらずサンダルで健康体への第一歩(速攻挫折!)

インベーダーを探して

愛用のアディダス社製スニーカー(黒いインベーダー)を夢の中で遺失!
見知らぬ地方都市の駅ビルに立寄ると出入口に下駄箱があり、客はここで靴を脱がねばならないようだ。土足厳禁のルールに従い買い物を済ませて戻ってくると下駄箱に入れたはずのインベーダーは見当らず、数名の外国人たちがニコニコしながら自由に靴を選んで試し履きしているのだった。さては無料リサイクル『ご自由にどうぞ』と勘違いしてるな…でも日本語は通じなさそう…。勇気を出してスニーカーの行方を訊ねてみようか?と逡巡しながら「あれ?これ夢か…」と覚醒し始め、起きてみるとやっぱり夢だったので心底ホっとした。
(この他にも)ひめゆり学徒隊のセーラー服(遺品)を古着屋で見つけたり、ヒヨコの体重測定をする仕事についたりする最近の変な夢はすべて酷暑のせいだろう。

IMG_1964

来世はミカン虫?

『発心集下巻』に〈末期を迎えた瀕死の尼僧が「隣家の庭になっている橘の実が食べたい」と所望したが、非情な隣人(僧侶)は1個も分けてくれなかった。すげなくされた尼僧は「ケチ坊主め…来世は橘の実に巣喰う害虫に生まれ変わってやる!」と恨み言を吐いて死んでしまう。そしてその翌年、実った橘を僧侶が割って見ると、実の中に白い幼虫がビッシリ湧いていた!お終い〉という話が収録されている。
これには「良い願い事は成就し難いが、悪い願望はすぐに叶ってしまう。なのでうかつに呪ってはいけない」という鴨長明による助言が添えられており、たった1個のミカンへの執着で往生に失敗し、つまらない虫に転生してしまった尼僧を反面教師としてあげているのだった。

先週末友人から「相談がある」と連絡があり、かざまランドから徒歩3分の沖縄料理屋で会合。この店の人気No.1サワー〈目覚めのシークワーサー〉を旨い旨いと絶賛しながら二人で立続けに7杯も飲み、終わってみればこの会合は、相談を口実とした通常の飲み会であった。このように柑橘系ドリンクばかり注文していると来世は柑橘の汁をすする虫に生まれ変わっちゃうかもよ?(絶対にイヤだ)

秘密の原液 &タコガラス
IMG_3908
非常に無口な店主に「このサワーって何が入ってるんですか〜?」と質問する人懐っこい友人。無駄口をきかない主が機密情報を客に漏らすわけなかろう…と思っていたら(意外にあっさり)厨房から実物を持ってきてくれて、簡単に入手可能な果汁であることを教えてくれた!(案外気さく)

泡盛ファイル
IMG_3906
沖縄48島の泡盛が150種!
(花粉症に効く泡盛「ファンシー」とは?)

前世は船頭?

20歳の頃より愛聴の青江三奈歌唱『船頭小唄』録音テープは、繰返し聴きすぎたせいで伸びきってしまい今はもう聴けない。関東大震災前年に大ヒットした大正デカダンスな流行歌は、あまりにも暗く厭世的だったので「この歌が大地震を誘発したのでは?」と噂になったのだという(そんなはずないだろう)。
私は「死ぬも生きるも ねえおまえ 水の流れに なに変わろ」という2番目の歌詞が好きで、世間との関わりが薄い船頭の職につき、この世の無常を悟って毎日淡々と船を操る人生も良いものだなぁと、淡い船頭ロマンを抱いたものです。しかし橋を渡ることですら怖いので、グラグラ揺れる小舟に立乗りなんて絶対に無理!船頭さんへの憧憬はファッションまでにしておこう。

(船頭気分で!!)
IMG_3899
俺もおまえも利根川の 船の船頭で暮らそうヨ!

(すごく遅れて昨日やっと刷れた…)
IMG_3901
屋形の色は黄染め? 黄漆? 丹塗り?という疑問は不要だった(なぜなら完成形は白黒だから)
白と黒に翻弄されながら白黒の川を無事に渡ることが我々船頭の仕事!