作成者別アーカイブ: 風間 サチコ

こけしと水兵

いつか北朝鮮との緊張関係が解消される日が来たら、もしそんな平和な日が訪れたとしたら、任務を解かれた巨大原子力空母ロナルド.レーガン搭乗員5000人とともに、遥か彼方の米国に渡る近代こけしも多くあることだろう。

この群馬県発行の近代こけしPRパンフレットには、こけしの購入者の7〜8割が外国人であり「横田基地や沖縄の米軍関係者もこけしが大好きで、軍艦の入港時は一度に2〜3千人が上陸するため、大量のこけしが売れるのだといいます。」と書いてある。
対北作戦で日本海沖で威嚇演習をしたり、牽制の為に釜山港に入ったりと、しばらくは横須賀港配備が続きそうな巨大空母もいずれ退役を迎える。母国へ帰還する晴れの日、水兵やパイロット達の屈強な腕に近代こけしは抱かれているだろうか?こけしは兵士の帰りを待ちわびる家族や恋人のための可愛いプレゼントにちがいない。

IMG_7307
『ぐんまのこけしがスゴい!』群馬県発行のパンフレット
可愛い表紙だが…木地師の後継者不足、外国人以外の販路拡大などを切実に訴えるシビアな内容だ。

IMG_7308
「コラボこけし」の実例
沖縄には胴に和紙のメッセージカードを巻くこけしがあるらしく、それは米兵に人気らしい(当事者なのに説明が曖昧なのはどうしたことか?)
東京ではアーティストが個性的なデザインをし、前衛的なアートマルチプルを産み出している。実例:私のサバイバルこけし(前衛的ではない)

偽オーパーツ

発見された場所や時代がどう考えてもそぐわない「オーパーツ」と呼ばれる謎の遺物が世界中に存在するという。コロンビアで発掘された黄金スペースシャトルなどは有名な一例である。だがしかし、これらのミステリアスな遺物の中にはニセ物が多数混在しており、不思議専門誌 ムー340号誌面でも、10大オーパーツのひとつ、ペルーの「カブレラ.ストーン」の多くが、現地民のこしらえた紛い物であった事実が報告がされている。
宇宙考古学者 カブレラ博士を歓喜させた約1万5千個に及ぶ彫刻石の一部には、恐竜と共存する古代人の姿や、なんと!望遠鏡や自動車まで刻まれていた。明らかに眉唾モノだが、博士は「貧乏でかわいそう」という理由で、持ち込んだ現地民にお金をあげて受け取っていたそうだ。

…私が23年前に制作したこの縄文土器も、どこかの庭に埋めて放置しておけば、未来の考古学者を喜ばせるオーパーツになるかもしれない。

IMG_7294
「明らかに偽物だとわかるセダンの乗用車が描かれた小ぶりの石」…まるでヤル気の感じられない偽カブレラ.ストーン

IMG_7289
これは私が1994年に作った縄文土器(歴史の捏造が目的ではない)
こちらの面には新幹線にビックリする花人間が描かれている。

IMG_7291
富士山/自動車/テレビなど、未来人を混乱させそうな偽オーパーツ要素が見受けられる。

知っても得しない秘密

会期残りわずかとなった横浜トリエンナーレの評判はというと…厳しいご意見が怖いので自分では調べませんが、聞くところによると私のコーナーはヨーロッパの人に大好評らしいです。漫画みたいな木版画で日本っぽい。というのが凡その理由のようですが、じつは新作「第一次幻惑大戦」画中には有名欧州画家の影響が(参考にしたから)所々にあり、明確には判らなくとも何となく親近感を持たれたのでは?というのが私の推測です。
そして日本人からは藤子不二雄Aや、どおくまんの作風を想起させる等の感想が聞かれます。おお超えられぬ双璧の名よ!畏れ多いけれど嬉しい。

IMG_7258
このようなシャシャシャとした線は、もっとも私淑するドイツ表現主義の画家キルヒナーからの影響です。

IMG_7257
ビル型砲台は、ドイツロマン主義の画家フリードリヒのかっこいい名画「氷海」からの引用。

IMG_7255
下から光線が当たってる感じは、ウイリアム.ブレイクの絵を参考にしてみたヨ。

ヨコトリは木曜休館

早くもヨコハマトリエンナーレは来月11月5日で終了〜会期も残すところあと1ヶ月未満となりました。「ヨコトリの会期は3ヶ月もあるし大丈夫」と油断してたらいつの間にか終わっちゃった…な〜んてことも有りうるのでご注意を!かく言う私も未見の箇所がいくつかあるので、明日あたり参ろうか?と思ったら木曜は休館日でした(これまたご注意を!)なので不吉だけど13日の金曜日に行こうかな?

【よく聞かれる質問のコーナー】
IMG_6696
Q:黒い花電車の台車の彫刻は自作ですか?
A :いいえ違います。ヤフオクで入手した欄間(廃材)を利用してます。お値段は長い欄間は一組 ¥1000で、短い方は一組10円です。

Q:屏風は銀箔が貼ってあるのですか?
A:いいえ違います。アルミホイルです。8m巻き一本90円のやつです。

番外編
【超おすすめ!ヨコハマ観光スポット】
IMG_7015
この巨大電光漫画はヨコトリの野外作品ではない。

IMG_7018
道行く人に薬物及び交通事故の恐ろしさを警告する長編作品(エンドレス)

IMG_7025
見る者の心をつかんで離さない劇的な展開の数々!

IMG_7038
場所は神奈川県警の植え込みの中で〜す。
ヨコトリ展示物同様、見落とさないように気をつけてネ!

詩人とステマ

1938年、ヒトラーユーゲント訪日を祝して『萬歳 ヒットラー・ユウゲント/ 獨逸青少年團歓迎の歌』を作詞された北原白秋先生。その揚々たるレコード発売と時同じくして、まさかこのような闘病生活を送っていたとは知らなんだ。
この『絶対健康』という新聞には、国民詩人として国威発揚その意気軒昂やよし!と益々盛んと思われてた先生自ら、当時の病状を記した文章が掲載されている。そこには視力が著しく低下し、最早わずかな光と物象しか視えない近況と、その絶望を吹っ飛ばす救世主「ネオス」の存在が力強く報告されている。
…はて?
記事中に突如登場したこの「ネオス」とは一体何者か?もしかして眼の守護神か何か、そんな信仰の対象かな?と想像してたら、なんと!本から薬まで手広く商売する実弟・北原鐵雄の会社「アルス」の主力商品の名前ではないか!(この新聞の正体はアルス社のステルス広告だった)

大詩人の窮境にウッカリ憐憫の情を寄せてしまったら、何でも効く怪しい万能薬を買わされちゃうから気をつけて!

IMG_7190
半ば強迫的な『絶対健康』その下には国家の命題「體位向上」の文言も
昭和13年10月1日付 発行所:健康新聞社

IMG_7193
『視力を失ひて』おいたわしや白秋先生!
糖尿病から腎疾患を併発。それが原因で眼底出血し、両眼視力の回復の見込み無しと医者にサジを投げられたが「ネオス」服用で回復の兆しが…「奇跡的に糖も蛋白も出なくなったよ。此の分なら眼の方もいつか正しく光明を受け入れるものと信じてゐる。有難う。兄の弟に對する感謝は、ネオス・ネオスの百萬遍だ。有難う。」…この四年後にあえなく逝去。

IMG_7195
新強壮精力剤「ネオスェ-」の十大作用
結核菌を殺す/悪血を浄化/遺伝病毒を排除/発育促進などなどスゴい効能が…。

昆布の1500倍のヨード!?過剰摂取が病気の原因になるって当時は知られてなかったのかな?

ディスリン資料

構想約4年。ディスリンピック資料も4年間でこんなに増えました〜(写真参照)目を疑うような地獄郷!リアルディストピアの存在を証言するかのような書物に魅せられて、資料を口実に集めてしまった。読書が苦手なのでペラペラ見るだけという勿体ない蔵書の数々ですが、読み込まなくても酷い内容が伝わってきます。民族の花園は危険な香り!

IMG_7171
優生学のほかに、ナチス体育教本やらベルリンオリンピック写真集、エログロまがいの医学誌など盛りだくさん!

IMG_7172
「1940年制定の国民優生法はナチスの影響」だけではない。日本における優生思想の啓蒙活動は大正時代から始まり、マルサスの人口論/社会ダーウィニズム/サンガーの産児制限など、人為的淘汰の必要性が広く流布されていたことがこのような書物に見て取れる。昭和8年発行『プロレタリア産児制限法』が生々しい!

IMG_7173
「文化生活普及会」の機関紙『文化生活』創刊号(大正10年)の表紙には、中心人物の森本厚吉、有島武郎、吉野作造と並んで、優生学の権威 永井潜の名前が見える。意外なように思えますが、彼らの人道的啓蒙や真善美の理想と、優秀な遺伝子をもつ民族だけで構成するユートピア像は、不幸な貧困層を撲滅するという目的で合致していたようです。

ディスリンピア構想

複数の知人友人に確認したところ、どうやら「日曜美術館」収録時の発言が一部カットされていた模様。やはり「ディスリンピック」という不穏な造語は公共放送には不適切だったかな?公共電波を利用し新作の構想を発表することで、自ら退路を断とうと目論んだのだが…。まあいいでしょう。とにかくこの計画を完徹するのみです!
誤解のないように説明すると、デイスリンピックはオリンピックをディスるの意でなく、ディストピアのオリンピックという意味です。優生思想のディストピア=民族の花園(by.永井潜)における競技大会の開幕式、という設定で7m近い大きさを予定してます。テレビでの宣言に失敗したので、新作完成(来春まで)をここに誓う!そして私は私のお尻に火をつける!

他の理解を拒絶する(自己完結)ディスリンピア構想メモ
IMG_7139
未完の帝国ディスリンピア競技場は、新築の遺跡であり未完成のままの廃墟。
ローマ帝国の遺跡に「廃墟の価値」を見出したアルベルト.シュペーアの理論は、新国立競技場の建設を決める時「レガシー」を連呼し建設意義を強調してたのと重なる。遺跡前提の建築とは?

IMG_7148
公共祭祀の申し子 岡本太郎と遊ぼう(遊んできた)ディスリン祭祀に呪術師や神官は登場しない

10円ショップは今…

これは外塀沿いにゴミが投棄された光景ではなく、某日の10円ショップ店頭の様子です。以前ご紹介したときは、薄暮の路肩に不気味なトロール人形たちが多数陳列されており、いささかギョっとさせられましたが、最近は野球カードなどが販売されスポーティーな品揃え。おなじみの黄色い看板は、従来のかすれた文字に油性ペンでくっきり上書きされ注目度アップ!そこには「ストップ温暖化!」という文言がちっちゃく控えめに添えられ、創業の理念を知ることができます。

IMG_6939
ゴミのようでゴミではない。オール10円均一

IMG_6940
おままごとの途中ではない。各1個10円
ホテルで無料でくれる櫛、中古食器、サインボールなどなど!

ふしぎな一日

「あれが欲しいな」と思ったモノが簡単に手にはいる…そんな奇妙な運を私は持っている。ある日は「歯ブラシを買わなくちゃ」と考えながら歩いていたら、新品の歯ブラシが路上に落ちていた(ので拾った)。またある日は「あのお煎餅が食べたいなァ」と思っていたら、まさにそのお煎餅が未開封のままゴミ集積所に捨ててあった(さすがに拾わなかった)。

そして先週金曜日、南部古書会館へのお出掛けでまたもミラクルが!行きがけに寄った地元のリサイクルショップで「ムー公認オカルトかるた」を発見!これは昨年購入を迷ってヤメた品。さらに古書会館では、林静一、中村宏のイラストが表紙の「現代詩手帖」が5冊も!(1冊200円)。蒐集を考えてた矢先になんという幸運!他にも探してたディスリンピック資料や、欲しかったW.Bイェイツの本なども入手し、なんだか嬉しいを通り越して薄気味悪い…。こんなちっちゃな運の浪費をして、いつか人生最大に運を必要とする時が来ても、すでに運の貯蔵庫がスッカラカンになっているのでは?とチョット心配。

IMG_7087
「いとしの第六惑星・いとしの中村宏先生」
アンニュイな赤い花、女学生入り土星の2冊は特大号/現代詩年鑑で、なんと巻末付録は「詩人住所録」サインをもらいに詩人宅に押しかけることも可能だが失礼なのでやめようネ(天沢先生は現在も弥生荘にお住まいか?)

IMG_7089
「地底人の存在を暴いた元CIA」
なぬ?スノーデンさんが地底人の謎を知ってるとは初耳!お友達になりたい!

IMG_7086
「一人遊びの方法」
通常2名以上で遊ぶゲームだけど、ハダリーと四次元ボーヤにはカルタの相手は無理なので、唯一一人で遊べる「ESPトレーニング」で第六感を鍛えてみようかな?

ひみつの靴下

靴下を履くために二階の部屋に行ったのに、目的をすっかり忘れて裸足のまま一階に降りてくる…自分の脳を疑うくらい年々記憶力の低下は著しい。
そして一昨日。女子美術大学版画科にて特別講師を務めるのにあたり、講演中に自分の作品タイトルや制作年を思い出せないなど、記憶力の衰えを露呈して、格好悪い中年の末路をうら若き女学生達に見せたくない!と前日から準備しておいた秘密兵器が写真のコレ。靴下で記憶力低下を阻止できるとはなんとも有難い!
で…結果はというと。40名以上いた学生のうち3名ぐらいしか名前が覚えられず、残念ながら靴下の効果は十分発揮されなかったと言える。(もしかしたら左右を履き間違えたのかもしれない)

IMG_7070
商品名『つぼックス』特別価格60円
「こんな方におススメ 記憶力の衰えを感じる方」まさにピッタリ該当!
呪術的なツブツブ文様が足裏のツボを刺激して記憶力アップしてくれる筈だったのだが…