カテゴリー別アーカイブ: 古本

同姓同名のベーコン

30年前ムサビ学園在学中、油絵科のイクちゃんが「わたしフランシス・ベーコンが好きなの」と話すのを聞き〈ほほぉ、フランシス・ベーコン卿がお好きとは高尚な!〉と感嘆したが、イクちゃんが好きなベーコンは20世紀の画家でルネサンス時代の思想家のことではなく、とんだベーコン違いだった。その後ベーコンの絵は何度か見たが、ベーコン卿の本は全く読まずに月日が過ぎた。
それがつい先日『ニュー・アトランティス』という薄っぺらい本を図書館で借りて「ベーコン面白いなぁ」となり直ぐ購入。この本の125ページ中前半がベーコンの書いたユートピアSF小説だが、執筆途中で死んじゃったので未完。残りの半分は忠実な助手による回想文と訳者の解説文でどうにか文庫本のページ数をかせいでいる。
どんな物語かというと、大航海中に漂着した謎の超文明国家の島で、学会の長老からいろんな自慢話を聞かされるお話だ。太陽光や水力を利用した動力、遺伝子操作など、現代のテクノロジー及びバイオを連想させる予言、さらに引き篭もり人間と地底の活用方法など、17世紀とは思えぬ空想が書かれておりオーパーツを見るような不思議を感じる。

超御曹子だったベーコン卿の人生は、父親が風邪を拗らせて亡くなってから雲行きが怪しくなり、転落の末どうにか発明で身を立てようと〈鶏の長期保存法〉に挑戦し命を落とす。寒い日に行った鶏のお腹に雪を詰める実験で風邪をひいてしまい(父親と同じく拗らせて)痰を詰まらせ窒息死したというのだ(なんたる悲運!) 風邪をひかなかったらニュー・アトランティスが完成したのに残念。みんな風邪と疫病には気をつけようネ

IMG_5452
発売当初400円だったのが現在絶版で3倍の1200円に高騰(これでも最安値)。こういった愉快な書物を売れないという理由でどんどん絶版にするとはけしからん (安く大量に普及させよ)

お土産現役選手

幼虫瓶詰が並ぶ松本駅ビル物産店にて懐かしい土産品を発見し「まだ現役だったか!!」と私は小さく感動した。そのお土産とは昭和時代に各地で流行したミニ図鑑キーホルダーで、私は『海の生き物図鑑』と『恐竜図鑑』の2つを持っているのだが、まさか今でも生産販売されているとは思ってもみなかった。しかも松本城が表紙にあしらわれた『全国お城図鑑』は、松本に来た記念に(松本城には行かなかったけど)ピッタリだ。440円とお手頃価格で即購入!(増やしてはならないオモチャがまた増えちゃった)
ちなみにこのミニ図鑑シリーズは学術的な昆虫図鑑や動物図鑑の他に、非科学的な血液型占い、365誕生日花占い、それから余興にピッタリな『なぞなぞ100』など種類豊富。私はこれらを見つけたら即購入するだろう(全巻揃えるのならば所有物増加の恐怖を捨てよ)

IMG_4907
『海の生き物図鑑』は水族館にいそうな生き物図鑑60%・後半40%はナマコやヒトデの写真集
『お城図鑑』末尾に「参考資料が少なく城の大きさや築城年など諸説あり、参考とお考えいただければ幸いに存じます。」というお詫びがあり謙虚さを感じる。
『恐竜図鑑』は恐竜同士の恐ろしいケンカのことなど子供が知りたい豆知識満載!

ドンブリ鉢を飛ばす事

鉄道移動中に読むのに丁度よい仏道ショートショート『発心集』を山手線外回でも読む。品川~渋谷(5駅)間で読んだ〈浄蔵 貴所 鉢を飛ばす事〉はこんなお話だった。…..

ブーメランのように空中にドンブリ鉢を飛ばすと、鉢に食べ物が入って戻ってくる〈鉢の法〉という術を操る行者がおり日々これで食べていたが、何故かここ3日間ドンブリが空っぽのままUターンしてくるので「これは変だぞ」と怪しむ。そこで、投げたドンブリを追っかけて行くと、真っ向から飛来してきた別のドンブリの迎撃を受け、食べ物を横奪される瞬間を目撃する。なんという事だ!許さん!憤怒に駆られて敵ドンブリを更に追跡すると山奥の小さな草庵に辿り着いた。

庵の中には謎の老僧が座っており「ドンブリの件について何かご存知ですか?」と行者が訊ねると「はて、知りませんが、もしかしたらウチの童子の仕業かもしれません。」と老僧は答え、背後にいる美麗な童子の方を見ると赤面しながらモジモジしてるではないか。「ああ、やっぱり!すみませんね…この通りです。お詫びにこちらを召し上がってください。」と赤いリンゴを4切れご馳走してくれて、それはこの世のものとは思えない甘露な果物だった!…おしまい

この〈鉢の法〉という術では、ドンブリが空中飛行し戻ってくる何処かのタイミングで食物が盛られるようだけど、折り返し地点に料理人でも待機しているのだろうか?このお話では詳細不明。
ドンブリを空に投げるだけで毎日ご飯の心配が無用とは、こんな素敵なことは無い!(そしてこのお話には仏教的教訓が無い)

(空中戦)
IMG_3695
敵ドンブリに迎撃され器の中身(ラーメン?蕎麦?)を横奪されてしまったのだ!
(替え玉無料では無い)

(昼はフォー)
IMG_3666

(夜はトムヤムクン)
IMG_3675
投げたフォー丼鉢がトムヤムクンになって戻ってきた訳では無い
買ったパクチーの束が大きすぎたので山盛りパクチーで消費してるところ。

ニュー名山圖會

一昨日、8週間借りてた重たい本『日本の船絵馬』と『板碑の美』を世田谷図書館ニーベルハイム(地底保存庫)に返却しに行くと、1階ロビーでブックリ市(除籍図書無料放出会)が開催されていた。将来の鴨ライフ実現のためこれ以上本を増やしてはいけない、という私の自制心は「無料」の2文字を前にもろくも崩れ厳選2冊をタダでもらって帰る。それがこちらの『教育者 シラー』と『現代日本名山圖會』です。

無料の歓喜
IMG_3662
18世紀ドイツの詩人で思想家のフリードリヒ・シラーは第九「歓喜の歌」の原詩作者として有名。冒頭「おお友よ,こんな歌ではない!」の箇所のみベートーベン作でそれ以降はシラーの詩だというが、しょっぱなから肩透かしを食らわすような面白い歌詞を付け足したベートーベンはやっぱり天才。

真ん中の三宅修著『現代日本名山圖會』は、谷文晁の『日本名山圖會』に描かれた88山を訪ねて、文晁の絵と同じアングルから写真を撮り紀行文にまとめた1冊。

福岡と大分の県境にある「彦山」
IMG_3663
こちら本家『日本名山圖會』を見て「こんな変な山が実在するのか?」とかねてより疑問に思っていたのだ

彦山(英彦山)実物写真で比較
IMG_3664
(な〜るほど) 実像より印象に重きを置いて、山を丸めたり盛り上げてたり摘んだり動かしたり消したりと、画家が自由自在に山体を操作し思いのまま描いていたことがニュー名山でわかった。また圖會が図鑑ではないこともわかった。(写実より理想を!)

日本の船絵馬

(図書館返却期限迫る) 貸出期間延長を重ねて8週目となりつつある『板碑の美』と一緒に借りている『日本の船絵馬 北前船』は、20年前の船絵馬ブーム時代に何度も借りたお気に入りの一冊で、この本でしか得られない貴重な日本全国の船絵馬データーを頼りに、千葉/新潟/香川など各地の社寺を訪ねて絵馬堂を見物したものです。
3月に訪れた石巻の旧家・本間さんの土蔵でこの『日本の船絵馬 北前船』を発見。「あっ!これは私の大好きな本です!」と驚きの声をあげると、本間さんは「今だと古書で5千円ぐらいで買えますよ」と教えてくれましたが、私はすでに承知で20年も買うか買うまいか逡巡し現在に至るのでした。
(なぜ買わないかと思ったでしょう?) 買わない理由は「重たい」からで、A4サイズで300ページ足らずなのに、厚みが4.5cmもあり重さは体感で3kg以上はあります。また、収録図版が現場(社寺)で撮影した白黒記録写真で、あまり鮮明でない点もこの重厚装幀本を購入する決断が下せない理由です。(ポケット版で再版希望)

(船絵馬の典型)
IMG_3627
群青色の快晴を背景に白い帆に風を受けて快走する弁財船が描かれた木製の額絵。
ほとんどが左向きの舳先の上に陽が昇る構図で、船上の乗組員全員でお日様を仰いでいる。
船後部には船名が書かれた幟と黒羽織を纏った船主の姿があり、右端に明記された代表者氏名でこの人が海上安全を祈願して奉納されたことがわかる。

(レアバージョン)
IMG_3628
真正面から船を描いた珍しい絵馬
順風満帆の様子が画面いっぱいの帆で表現され、得も言われぬ爽快感!

(恐ろしい海難絵馬)
IMG_3616
安定した様式美を感じさせる絵馬群の中、秩序を破る不穏な絵馬が…
これは大時化に遭遇した船が、九死に一生を得て帰港できた幸運に感謝し奉納した絵馬だという。
山脈のような高波に揉まれる船の舳先には、天上の氏神に向かって必死に救済を祈る船員たち。その頭上に浮遊する雲に乗った御幣は、今まさに顕現した神の霊験を表している。
(このような絵馬を新潟県長岡市寺泊の白山媛神社で見たような気がするけど、20年前なので確証は無い。)

蟹の恩返し

私の手元にある古い宝塚少女歌劇絵葉書には、青年に扮した少女と蟹を頭に乗せ蟹爪型の槍を持ってポージングする蟹役の少女が写っている。これは京都府木津川市にある蟹満寺にまつわる故事『蟹満寺縁起』のお芝居の場面で、それはこんなお話だった。

〈昔むかし、とある村で慈悲深い娘が父母と三人で暮らしてました。ある日のこと、娘は蟹を大量捕獲した村人を見つけ「その蟹を全部売ってください」と申し出て買った蟹を解放してあげました。また後日には、娘の父親が畑仕事中に蛙を飲み込もうとしてる蛇を発見。「ちょっと待て!娘をお嫁さんにあげるから蛙を食べないで」と言って蛙を助けました。
父親は帰宅後この事実を娘に話し「大変な約束をしてしまった!」と後悔し泣きましたが、娘は「どうにもならないから観音様にお祈りしましょう」と寛大な言葉で逆に父を慰めました。
夜になって約束どおり男に化けた蛇が来訪するも「まだ準備が整ってないので…」と断り、翌日は家中の雨戸を閉めて完全無視。すると男は怒り狂った大蛇になり家屋をグルグル巻きにして破壊しようと暴れ始めました。「観音様!助けて〜」一心不乱に救済を唱えると観音様が現れ「安心しなさい。娘の善行により事無きを得るでしょう」と告げて消えたのです。
すると不思議なことに、次第に暴れる大蛇の気配はなくなり静かな朝を迎えました。「どうしたことだろう?」と一家が外に出て目にしたものは、ズタズタに切断された大蛇の死体と、無数の蟹の死体が散乱する凄惨な光景でした。「蟹の決死隊が助けてくれたのか…ありがとう蟹!」家族は義理堅い蟹たちの死体を集め埋葬し、その上に観音堂を建立して蟹と観音様への感謝を捧げました。以上が蟹満寺の縁起だと言い伝えられてます。おしまい〉

お父さんの軽はずみな善行で蟹が犠牲に…なんだかやるせないなあ。私はこの蟹の恩返しを読んで魚コーナーバイト時代の出来事を思い出した。(次号に続く)

宝塚少女歌劇「蟹満寺縁起」
IMG_3599
このような演目は最近の宝塚でも上演してるのか?(やってるのなら見てみたい)

板碑の美

この『板碑の美』という写真集は私の蔵書ではなく世田谷中央図書館の本で、3月9日から借り続けて今日で1ヶ月目です。シャープな梵字がかっこいい板碑写真が多数掲載された良書なので古本で購入しようか迷っている最中ですが、長期レンタルでなんとなく自分の本のようになった錯覚が…。返却後どうしても欲しくなったら買おうと思います。(鴨ライフ標榜で大型本購入を控えてるから)

IMG_3537
(板碑写真集) 板碑の美  鈴木道也著

写真集より転載
IMG_3538
埼玉県行田の山林に佇むかっこいいモノリス(板碑)
カリグラフィーぽい梵字は「種子(しゅじ)」というマークで、仏像を刻むことなく種子のみで仏を表すことができるのだ!この梵字「キリーク」は阿弥陀を表現しているという。

地下書庫(保存庫)より
IMG_3539
世田谷中央図書館の地下に眠る名著『板碑の美』
過去に所蔵の烏山図書館での貸出履歴は…なんと
1988 / 89 / 93 / 98 / 99年…11年間にわずか5回!
板碑人気を数字で見ることはできないが、美の真価は数で計れるものではない。

(板碑アイランド雄島)
IMG_3536
残¥300のパスモを落とした松島.雄島は石造厨子/石仏/五輪塔/板碑が多数残る石LOVEアイランド

賢人右府が白髪を見付けたこと?

鴨長明「発心集 」現代語訳付き上下巻(角川ソフィア文庫)の下巻だけ一昨日手に入れたので、早速どんな本か何の気なしに開いてみたら〈賢人右府が白髪を見付けたこと〉という見出しの現代語訳コーナーのページだった。
この変な題のお話の大意は「小野宮右大臣が牛車で住まいに向かっていると、白くて小さい異様な男がすごい早足で車を追いかけてくるのが見えた。大臣が簾をあげて「何者だ?用は無いから立去りなさい」と言うと、男は「閻魔王の使いの白髪丸です」と名乗って牛車に飛び乗り、大臣の冠の上にひらりと登り姿を消してしまった。大臣はこれを怪しく思い、家で自分の頭を調べてみると白髪を一筋発見した。これに俗説の証拠をつかんだような感慨を覚え、今まで特になかった仏道への関心を深め、真剣に勤めるようになりました。」という感じで、この不思議短編は星新一のショートショートのようにシュールな読後感だ。私は第7-6の一編で「発心集」の面白さを確信した!

(次に開いたページは図版付き解説だった)
IMG_2860
入間川?と不審に思い読んでみると、方丈記と発心集に通じる災害描写の一例として、発心集4-9話〈武州入間河沈水の事〉が解説されていた。それは「入間川堤防内の河川敷に田畑を所有する当時の豪族・河越氏が、大雨による氾濫で屋敷ごと流され、官主と下男以外の家族全員が犠牲になってしまった。」というお話で、この恐ろしい水害の跡地(川越上戸)が気になり調べたら、現在は運動公園と野球場になっていた!

やへむぐら 拓く葦原いにしへの 田畑の夢に球ぞ飛びける (風間球太郎の詠める)

乞食者の詠める

蟹の気持ちを代弁したアニミズム詩人はエリック.サティと宮沢賢治ぐらいだろうと思っていたが、(なんと!) 万葉集の中に蟹本人になりきって哀切を歌った作品(16-3886)があった。
それは歌集に登場する色んな身分の中でも特に異質な〈乞食者〉と称する人が《蟹のために痛みを述べて》作った長歌で、大意は…「入江に作った葦の庵でひっそりと暮らしてた私(カニ)が急に宮廷に招かれた。楽師でもないのになぜ喚ばれたのだろう?頑張って歩いて行くと職人が上等な塩を用意しており、その塩を私の目にまで塗り込むのだった。私を食べるのでしたら、せめて美味しいと賞めてください、賞めてください。」…と、蟹の心情が切切と伝わってくるもので、私はこれを読んで今まで食べた蟹たちに「ごめんね、美味しかったよ」と詫びを入れたい気持ちになった。

乞食者の詠める二首(3885/3886)は、貴族に捧げられた鹿と蟹が絶命前に「命をとるのなら残った肉体だけでも賞賛して欲しい」と乞う内容で、献身の美徳というよりも、殺生と美食を貪る貴人に対しての静かな抵抗を感じ取ることができる。
作者の乞食者(ほかいびと)とは現代でいうルンペンではなく、家々を訪ね歩いて祝い言を唱えることを生業にする門付芸人のことだという。そのような非定住民だからこそ、制度内に暮らす常民にくらべ自由な表現が可能だったのではないか?と私は推測する。たとえ貴族から「こんな批判をする奴は誰だ!」と苦情があっても何処か知らない地に移動すれば良いのだから……。もしかすると漂泊の〈乞食者〉を騙る古代のアナキストが詠んだ歌なのかも?(そんな万葉ロマンを夢想するのも私の自由)

IMG_2597

乞食聖コレクション

先日ご紹介の鴨バイブル『鴨長明全集』には、方丈記/全歌集/無名抄/発心集が収録されており、全てが原文に近く読むのが困難。和歌まではどうにか読めたが、中世の文芸評論「無名抄」は内容が専門的で難しく、106の僧侶エピソードとそれに対する長明の意見を収めた「発心集」は仏教用語頻出でさらに難しい。
「発心集」の梗概によると…〈高僧と呼ばれるのが嫌になって船頭さんに転職した例、真のアウトローを目指して狂人のふりをし続けた例、公衆の面前で自殺をし有名になろうと企んだが失敗した例、俗世にいながら芸術活動に没頭することで解脱した例 〉などなど、106話にわたって初期鎌倉時代における宗教人の面白い有り様が書かれているという。

個人的には、俗世間に所属しながら(在宅で)高次の人間にステップアップできる方法に興味津々。芸術の仕事をあとどれくらい頑張ればいいのか教えて〜!手っ取り早く知りたいので、原文の 解読アッサリ諦めて 現代語文庫を買わむとぞ思う。(決してズルではない)

さすらいの乞食聖コレクション (絵葉書より)
IMG_2824

IMG_2840

IMG_2838