ハ°—ティ—を開きましょう

いよいよ街角にクリスマスソングが流れる季節になりました。忘年会にクリスマス…ハ°—ティ—シ—ズンの到来にワクワクドキドキ!準備はOK?…でもどんなハ°—ティ—を開けばいい?フ°レゼントは何にしよう?そんなコトで悩んでるアナタにひ°ったしのヒントがこの本には満載です!ぜひ参考にして、みんながビックリ!ハッヒ°—になるハ°—ティ—を開いてみてネ!

img_5358
「ティ—ンのおしゃれ教室」集英社モンキ—文庫(1977年)

img_5356
★男の子をお家に招いたら…
女の子だけでスミっこでヒソヒソなんてダメ!せっかくのハ°—ティ—なんだからモット積極的に。こんなゲ—ムでヘ°アをつくるのも楽しいわ。

「フイッシング」
二メ—トルぐらいのひもを用意し、女の子はそれぞれのひもの先に男の子をつるエサをつけます。おかしでも、アクセサリ—でも。それから別室にエサを出し、かげでひもをもっていて男の子はすきなエサにくいつくわけ。

★こんなハ°—ティ—はいかが?
「やみ汁ハ°—ティ—」
なべ料理用の変わった材料をもちよって、くらくして煮てたべるのです。

img_5357
「ボ—イフレンドへのフ°レゼントのヒント」
★豆ライトつきとか、ドライバ—入り、トランフ°入りなどのキイホルダ—
(男の子はめずらしくて変わったこまかいものが好き)
★乾電池、フィルム、テ—フ°、サインヘ°ンなど
(必ず必要でいくつあってもいいもの、おくゆかしい)

変わったこまかいモノならわたしも大好き!(乾電池をくれる女の子がいたらチョット心配になっちゃうかも?)….どう参考になったかしら?年末のハ°—ティ—はこれでOKね!