あおによし

この前久しぶりに銀座通りを新橋方面に歩いていたら、奈良県のアンテナショップ『まほろば館』を発見した。せんとくんに招かれて入ってみると、広い売場には東大寺グッズや奈良の名産品がたくさん陳列されており購買意欲が掻き立てられる…だがしかし、ウキウキ観光気分で財布の紐がゆるんでしまうことを警戒し、今回は自宅用に干柿最中と三角油揚げのみ購入。他にも東大寺御用達お線香や「青丹よし」という素敵な名前のお線香が売っていて、風間ランドを寺っぽい匂いに染めてみるのもいいかな?と変な気を起こしたけど理性で止めた。

「うまいっ!!!!うますぎやろ….これは!」
IMG_3773
たまたま冷蔵庫に九条ネギがあったので詰めて焼いたら超絶うまい!
あおによし 奈良のおあげの三角形 毎日食べても なお飽かぬかも?

(青丹記より)
IMG_3822
今週一番の楽しみは念願の「笠」が届くこと!
私が以前描いた笠がカッコいい男性陣のようなファッションをこの夏はしたい。
(腰蓑、魚籠といったアイテムにも憧れる)

こうへい100%

民謡CD2枚を図書館に返却したら部屋から民謡が消え、私にはよくわからない歌詞を朗朗と歌う名人たちの美声が聴けず物足らない毎日だ。尺八や三味線の音色、そして〈南部牛追唄〉のキャラホーバーババババが恋しくなり、福田こうへい『みちのく民謡ベスト』を先日入手(買って良かったこうへい100%CD)。23歳から民謡を習い、脱サラして35歳で演歌歌手デビューという遅咲きの経歴だが、天性の素晴らしい喉と歌唱力の持ち主なので遅かれ早かれ成るべくして成ったのだと思う。私見を言うと、三橋美智也の名曲〈達者でナ〉は、本家の朴訥さに装飾性を加えた福田こうへいバージョンの方が上のような感じさえする。
(先日放送のNHKのど自慢ゲスト出演の生歌では、かなり力んだ歌唱法に変化しててちょっと心配…。数年前リサイタル後に大量吐血したこともあり無理をしないでほしい!民謡由来の伸びやかな歌唱法で末長く続けていただきたいので喉を大切にして頂きたいです。)

(和装も素敵)
IMG_3816
スーツ衣装のとき必ず着用の、開襟の上部パーツが無い独特なシャツ(こうへいオリジナルYシャツ)がとても気になってます!

サボテン先生

先週日曜に銀座エルメスで開催されたスキルアカデミー・ラップアップセッション。この集会をもって児童たちに〈木〉について色々教える文化事業は終了した。私は木版画の先生として参加したのだが、他にも林業/香水/盆栽/写真/サボテン/音楽/現代詩の専門家が先生をされていて、この最後のセッションにて一堂に会し諸先生とお話をする貴重な機会を得た。
そこで私は常にサボテンと対話をしているという小田さんに瀕死のツワブキ兄弟のことを相談し、なんと!良かれと思いさせていた日光浴が「病人にビフテキを与えるのと等しい誤った療法」であるとご教示いただく。そして本気で回復させたいのなら葉っぱを半分切取るか、二本のうち一本を切ることだと指導された。これは弱小な根っこが葉っぱを養いきれてない窮状を葉っぱ面積縮小で救う方法だという。先生は「帰ったらすぐに実行してください」と語気を強めるが(そんなことできるかな?)と私は大層弱気であった。

すぐに実行!みるみる回復!
IMG_3797
背の低いツワ次郎のみが鉢に残され
ぐったりツワ太郎は切り取られコップに…
すると、姿は変わったが2名ともツヤツヤに回復!
植物と話せる先生の言葉を信じてよかった!

門内に心迷あり

道元の正法眼蔵第十二〈法華転法華〉に「火宅に心迷あり、当門に心迷あり、門外に心迷あり、門前に心迷あり、門内に心迷あり」という凡夫を戒める一文がある。一方、風間ランド門内には宅配ボックスがあり、箱の中には心迷で購入した品々=木製台座/ニュー水石/プラスチックピラミッド(貯金箱)などが連日届けられている。これら物品への執着は我が家が火宅の最前線であることを証明しているが、もちろん反省は無い。

IMG_3764

IMG_3778

夜の工芸

一昨日、銀座エルメスの仕事帰りに久しぶりに立寄った鳩居堂で初めてお線香を買った。虚弱児時代に体の複数カ所にすえていたお灸の着火で、お線香には毎日お世話になっていたが、進んで仏壇に手を合わせるような信心の持合せがなく、自ら購入する意思など今まで全くなかった。それなのに自然とお線香に惹かれたのは何の兆候だろうか?(老年先取りのご隠居趣味への傾倒)

可愛い箱にちょっとしか入っていない高級線香『一夜松』にふさわしい線香立ての自作を思い立ち、真夜中に始めたミニ火山型線香立ての粘土工作は朝には終わり一夜にして火山が誕生した。たった一晩で完成した急拵えの線香立てだが私は非常に気に入ってる。

〈一夜松と一夜富士〉
IMG_3776

夜の園芸

「落札した水石が朝には届くだろう」と真夜中に門前の植込みに置いてある宅配ボックスを玄関前に移動させたのだが、ヨイショと持ち上げたはずみで大きな葉っぱの陰に生えてた小さいツワブキを引っこ抜いてしまった。元の植込みに戻そうとしたが暗くて地面が見えず…はてどうしたものか?おお、そうだ!空になったままのあの植木鉢(※4月25日付記事参照)に植えれば良いのだ。

以前は青々とした観葉植物を養い、のち土だけとなり、ついに土すらない空家となった鉢に新生ツワブキはこうして植えられた!(それはつい昨晩のこと)

(昨晩のツワブキ)
IMG_3751
すくすく育つ予感!

(今晩のツワブキ)
IMG_3763
OMG!!!! どうしてぐったりしちゃった?

新室内装飾

方丈ハウスと同サイズのKランド四畳半で終日座っていることの多い私だ。この木造の小部屋は何時間座っていても全く飽きることがなく「空飛ぶドンブリの食物供給は一日一回のみか?それとも3食か?おかわりOKか?」など尽きない疑問の追求を邪魔する者は誰一人いない。
そんな居心地の良い室内はお気に入りの置物で装飾されているが、先日久しぶりに置物をチェンジしてみた。定着していた配置をわざわざ変えたのは、一目で購入を決めた骨董品の台座を飾りたかったから。この黒々とした彫刻の美しい木製台なら毎日眺めても飽きないだろう。

(メンバーチェンジ)
IMG_3747
陶製花器とフィンガーボールのミス香蘭は二軍異動
読者諸君にお馴染みの四次元ボーヤ&ハダリー選手は不動のツートップ

IMG_3739
松の枝がデザインされた正面よりも、何が彫られているのか不明の荒々しい表現主義風の背面の方が素晴らしい(私には背面が正面)。しかしこの力強い造形に負けない壺/仏像/水石など持ってないので、サボテン入りピラミッドを乗っけてみたらピラミッドパワーが増大し今まで以上に呪物感が!!

おかしいぞ?

お昼時、キノコたっぷりつけ汁の素麺を作ってる最中に、うっかりキノコを入れた器を真っ逆さまに砥石の上に落としてしまった。幸いラップをしてたのでそのままひっくり返して回収できたが、流し台にも落ちたシメジを一本発見。「おっとここにも」とよく見たらシメジではなくトカゲ!何処から入ってきたんだろう?可愛いけど早く外に出さなきゃ!私はワイン用の紙袋で捕獲する作戦を開始し、赤ちゃん言葉でトカゲに話しかけながらそ〜っと静かに近づいた…が通常なら気配を敏感に察知しサササと逃げ出すはずなのにピクリともしない。(弱ってるのかも?これは大変)焦ってコップをどかしたところで(やっと)このトカゲが偽物だということに気がついた。普段は何も知らない来客を驚かせている悪戯おもちゃに向かって「どうちたんでちゅか〜どっからきたの〜」と真剣に声をかけた私の頭はどうかしてる(弱ってるのかも?)

IMG_3728
え?トカゲちゃん!? (一瞬心が踊る)

IMG_3745
毎日見てるのに…(紛うことなきマヌケ)

中乗りさん

♪ 木曽のナー中乗りさん 木曽の御嶽さんはナンチャラホイ 夏でも寒いヨイヨイヨイ♪
三橋美智也の美声で繰り返し脳内再生される朗らかな『木曽節』に登場の中乗りさんとは、山で取れた丸太を木曽川に浮かべて下流に運ぶ人のことで、彼らは丸太筏の中央に立ち、長い竿を急流に差しながら巧みに操縦し川を下るのだという。(丸太は荷であり乗物でもある)
足袋も袷も着用しない通年薄着の中乗りさんは、裸足でバランスをとりながら「人間は見た目ではない、心だ」と呟く。丸太が岩にコンっと当たる音、ホトトギスの声が谿を渡る(自分の笠に木葉が一枚張付いていることを中乗りさんは知らない)。
私は歌の美しい情景を想い、今年の夏こそ中乗りさんや船頭さんが常用する笠(円錐形の笠)を自分もかぶるのだ!と決心する。(この笠着用の決意は毎年繰り返してるが未だ実行ならず)

船頭ロマン (ニュー松島下絵より)
IMG_3737

IMG_3731

IMG_3733

 

前髪を諦めて畦道

三月に三軒茶屋の美容室でパーマをかけ前髪を切ってもらった。この美容室は世田谷通りに面した雑居ビル2F小部屋で営業してる初めて行くお店で、選んだ理由は、どんな髪質(私のようにガビガビな毛でも)パーマをかける自信がある!!という宣伝と〈国内初!ルアーを売ってる美容室〉という異色なアピールを見て興味を持ったからです(釣りには興味ないけど)。

私はここ数年、斎藤清六(甘栗坊や)のような真ん中わけセット「あぜ道」を持続してますが、ふと「あぜ道」をやめたくなり、こちらのルアーを売ってる美容室にカットを依頼したわけです。伸び放題の髪を切り、前はストパ、後はデジパをかけてもらうと、なるほど確かに他店とは段違いの腕の良さでチリチリにならずに仕上がり、久しぶりに前髪もできました。
施術中、初対面の店長と特にお話することもないのでルアーについて質問してみると、店長曰く「僕は全く釣りに興味がなく従業員の趣味で置いているが、珍しいルアーが揃ってるので遠方から来る客もおり、ルアーを買ったついでに髪を切る客もいる。」とのこと。釣具購入のついでに散髪とは!あまり見ない光景だけど、残念ながらこの日はそのような珍客は来なかったです。

その後、店長に作ってもらった前髪はというと…毛先の刺激のせいかモノモライになったので維持できず従来の「あぜ道」に戻った。(小学生の時、斎藤清六さんにサインしてもらった黄色いTシャツはどこかに消えた)

☆狙い目☆農業機械を賢く落札♪
IMG_3727
昨日はヤフオクから(私には不要の)自走式草刈機などをオススメされた
中には畦草専用マシーンもあり、畦には畦用のお手入れが必要なようだ。