作成者別アーカイブ: 風間 サチコ

駅伝不発弾

掃除をしていたら20年以上前に描いた箱根駅伝ポスターのイラスト下絵が出てきた。これは当時読売新聞から「やってみないか?」と声をかけられ、作家選考のために提出したラフ画だ。あらためて絵を見ると箱根駅伝の風物詩が盛り込まれ、なかなか良い絵だと思った。富士山/ヘリコプター/白バイの伴走/報道車両/沿道の旗振り応援/自転車で追いかける若者/アフリカ人留学生選手/疲労で老け込んだ走者の顔/手袋などである。箱根にちなんで温泉まで描いたサービス精神旺盛なこの作品が採用されたかというと。もちろん不採用であった。(皆さんがこの不気味なスポーツ画を街頭で見た記憶がないのは尤もなことである)

(燃える選手とスニーカー)
IMG_0292
突出した能力を発揮するアフリカから来た留学生。

IMG_0290
選手よりも私が注目したのは白バイと自転車だ。
部分的に気持ち悪い色で塗られているのは「白黒ではちょっと…」という新聞社からの要望にお応えし着彩したから(着色は私の専門外)。

暗黒の園

昨日をもって練馬区の遊園地「としまえん」は94年の歴史に幕を降ろしたという。私は高校生時代に、西武の社員だった父がくれた大量のタダ券を利用しここで何度も遊ばせてもらった。内臓が背後に置き去りになる感覚の絶叫マシーンが苦手なので、チビッコでもOKな乗り物で遊ぶのが常であったが、中でも一番お気に入りのアトラクションは『アフリカ館』だ。
これは博覧会のパノラマ館を継承したようなマネキンを陳列した見世物で、軌道を流れるジープに乗って、未開の暗黒世界アフリカを探検する仕掛けになっている。エジプトの王族やマサイ族に歓迎されながら暗くカビ臭い館内をジープが進んで行くと、次は野生の王国が待っている。すごく暗くてよく見えないが、密林に潜む動物が単純な動作を繰り返し、突如ジャガーが「ガオー」と叫びながら頭上を飛んで消えていくのがアフリカ館唯一のドキドキ場面だ。カバの池が発する湿気と匂いでだんだん息苦しくなるが(安心しろ)出口はすぐそこだ!…眼前が明るくなると何故かそこは空港のゲートで、4~5人のスチュワーデスがへんな発音で「サヨウナラ・サヨウナラ・サヨウナラ」と手を振りながら見送ってくれる。当時この機械的なサヨウナラを口真似するのが大流行(私とトヨミの間だけで)。原住民や動物の自動人形が醸し出すうら寂しさと、モワっとした空気が懐かしい。

IMG_0296
サヨウナラ・サヨウナラ…

レームダックの遺産

26日の日産AA式典では、受賞者発表のその前に、ファイナリスト5名各人が15秒ずつ自作の見所をコメントした。私は今回の展示テーマが『負のレガシー』であり、安倍総理こだわりの「レガシー」がもはや未来へのお荷物(負の遺産)になっているということを約15秒で手短に喋った。
これがもし28日の総理辞任発表後の発言だったなら「転進のレームダックに小石を打つ人でなし」と非難されたであろう。進退不透明なうちに言いたいことを公言できた私は運が良いと言える。

〈レガシーの誕生〉
IMG_3006
悪夢とマスクを有難う(これはダイソーのだけど)

結果報告!

日産アートアワード受賞者発表を、会場及び画面越しに応援してくださった皆様ありがとうございました!結果残念でしたが、アクリル版とモニターを駆使したアフターコロナ近未来的な会場で、世界の審査員と遠隔でやり取りしながらの式典はSFチックで面白く、貴重な思い出となりました。そして発表直後から労いのメールを続々着信。皆様のお心遣いに感謝申し上げます。ごく一部「細く見えた」との報告も届き、股にボールを挟む独自の修行、こちらの結果は上々だったようです。
(だが魔球の誓い虚しく)式典終了後すぐにファイナリスト仲間とともにオイスターバー(戸外)にて残念&おめでとう会開催もちろん飲酒品。ブヨブヨ復活せぬよう再び気を引き締めなければ!そう明日からは。

(ぎこちなさの理由)
IMG_0285
M.マルジェラの肉厚なアクリル製ヒール靴は、スケスケ感とは裏腹にとても重たく、控え席からステージまで数mの移動すらままならず、私は靴が脱げないよう慎重にぎくしゃくと歩いた。

(死蔵品)
IMG_0282
他にも面白くて歩きづらい靴を多数所有

誓いの魔球

8月1日から開始した痩身計画は、(1)1日2食 (2)おやつ禁止(3)間食はミロ豆乳一杯 (4)漢方薬の服用(5)21時以降の食事禁止(5)約1時間ストレッチ運動・以上5科目の修行で、過剰な自粛生活でブヨブヨと膨張した身体を一回り小さくするのが目標。25日目の現在2kg減量まずまずだと思う。

【告知】明日26日はいよいよ日産AA受賞者発表&授賞式!ドキドキの式典の様子は、インターネットで配信されるので、私が授賞or落選するか?(そして少しは細くなったか)お時間と興味のある皆さんはどうぞ生中継でご確認くださいませ!

生配信→日産アートアワード授賞式(17:40~18:00)

(この球は)
IMG_0278
骨盤矯正・姿勢矯正・むくみ解消のため、着座中はこのボールを常に太腿に挟んでいるのだ。斯様に地味な努力を続けていたが、一昨日A先生宅に深夜までお邪魔し、奥様にすすめられるがまま美味い日本酒一升瓶を空けてしまった!もう(むくみの要因)大量飲酒はしないと軟式魔球に誓う。

永遠の弁慶縞

『永遠の弁慶縞』…とは魔の山登場のセテムブリーニ氏が、四季を通して更には主人公の滞在期間(7年)のあいだ一度たりとも衣装替えしなかったズボンのことで、その徹底した清貧スタイル(永遠の禁欲)に敬意を表したハンス.カストロプの言葉である。
〈弁慶縞〉は、江戸で流行った所謂ギンガムチェックで、セテムブリーニ氏のような20世紀初頭のイタリア人と〈弁慶縞〉の組み合わせを奇異に感じた私は、ドイツ語版魔の山を取り寄せて調べてみた。氏の服装を描写した記述〈hellgelblich karierten Hosen〉で検索すると「明るいベージュ色のチェック柄ズボン」というのが正しいようだ。 kariertenは格子模様(チェック柄)全般を意味し、弁慶縞に限定したものではないということが解った。やっぱり何だか変だと思った。(ヨーアヒムもヨーと伸ばさずヨアヒムが一般的だと思う)

永遠のロマン(小説)
IMG_0275
コラージュ・ロマン(小説)は1日で読める。
デア.ツァウバーベルク・ロマン(小説)は231日かかる。

IMG_0276
Satana(悪魔)の場面で氏の風変わりな清貧ファッションが紹介されている。(ドイツ語で全く読めないけど)

魔の山登頂(すぐに下山)

ハンス・カストルプ君は音楽好きだから、療養中にレコード鑑賞できたらさぞ楽しかろう。…と案じていたが、やっと終盤〈第7章 楽音の泉〉でレコードの聴ける環境が整った!サナトリウム当局の計らいで遊戯室に最新型蓄音機が導入されると、彼は進んで蓄音機係に立候補する。そして備品のアルバム集(12枚組12冊.合計144枚)を全て試聴し、名盤/イマイチな盤/ジャンルなど分類整理。遊戯室に集う客のレベルに合わせて(高飛車に)選曲するDJとなったのだ。(ハンス選曲ベスト5も紹介)

小説はここからどんどん終末に加速する。次の回では霊能少女エリーが登場し、彼女の能力を試す実験会が行われる。ハンスは好奇心から死んだ従兄ヨーアヒムの召喚をリクエストしてしまう。難航する降霊術の最中、ハンスの提案で愛聴ベスト5のうちの一曲(劇中の勇敢な兵士に従兄の姿を重ねていたから)をかけることに…。すると。あれ変だぞ?参加者が一人増えてる。変な軍服を身につけた亡霊…あの懐かしいヨーアヒムが!(涙…)
このようなオカルトブームを先触れに、禍々しい空気がサナトリウムを支配し始め、一触即発のヒステリー状態が蔓延する。理性では制御不能な感情の嵐にハンスの2人の先生・セテムブリーニ氏とナフタ氏も飲み込まれ、いよいよ山上の空論はピストルで決着が付けられることに!
…それは下界で起きている不穏な世界情勢変動の波が、無意識下で山頂にまで波及しているかのようだった。第一次世界大戦の勃発と同時に、時間を無くした芒洋の園は、真っ逆さまに現実へと雪崩れ落ち、7年の修養は突如終了しハンスは戦場へ…。ドロドロの平野に砲弾の雨が降っている。3千のうち千人生存の見込みの兵団。ハンスは何処に?あそこにいる!「菩提樹の歌」を口ずさんでる…もう見えなくなってしまった。(完)

・・終わった。さよう、読み終わった!お正月から231日もかかって、やっと昨日の朝にツァウバーベルクの登頂に成功!次なる挑戦は展覧会 Magic Mountain(略してMM展)の頂きだ。がんばろう〜

(ダヴォス・夏)
IMG_0264
幻覚のような悪夢のような絵葉書の絶境

サンダーくんからの挑戦

コスモアイルに入館すると宇宙クイズの問題用紙をくれる。これに解答し受付に提示すると粗品が貰えるいうので期待が高まる(なんだろう?)。さあ、順路に従い展示にちなんだクイズに答えよう(全問正解目指すぞ)。周りのチビッコ見学者たちは鉛筆で記入する際、答えのアルファベットを元気いっぱいに叫んでしまう。私はその習性を見逃さない(カンニングの好機)。児童たちの大声を参考に解答欄を埋めて受付で採点してもらうと「残念!一問不正解です」…。さいわい粗品は全問正解しなくても誰でも貰えて、手渡されたのはアポロの絵葉書だった。「問7:最初に月面に着いたのは?」答:アポロ11号でなくルナ2号(有人とは言ってない)。この引っ掛け問題に簡単に引っ掛かってしまった思い出の品となりました。

四択クイズ〈サンダーくんからの挑戦〉
IMG_0256
問5:「ボイジャー惑星探査機」に取りつけられてるレコードには、宇宙人へのメッセージが入ってます。その中には、日本語のメッセージもふくまれています。何と録音されているでしょう。
正解:A「こんにちは、お元気ですか?」

ボイジャーレコードには(古代ギリシャ語も含め)55カ国の言語で、このように間抜けなメッセージが録音されているという。言葉以外にヒューヒュー・ゴーゴー・バリバリといった恐ろしい自然現象の音も収録 (地球は怖い星だよと事前にお知らせ)。

隕石は土産品

【姿・名前・職は変われども】前号でお釈迦様は同一人物に転生すると書いたのは誤りだった。自から虎のエサになったのは、前世が王子だった時のお話で、ほかに国王・高僧・大臣・盗人・童子の前世もあり、さらに人間以外の動物(猿/鹿/馬/水牛)の王様だったこともあるというからビックリ!バラエティに富んだ釈迦の前世を記した物語[ジャータカ]は22篇547話と大長編で、各エピソードを「品」と呼び、その中には雛鳥品/飲酒品/塗毒品/超百品/カメレオン品など面白そうなお話が散見される。(100円ショップを想起させる超百品とはどんなお話だろう?)
【衝突は今じゃない】自作キーホルダーで法話を説いた私の父の夢は「巨大隕石が地球に衝突する瞬間を見届ける」ことだ。だがしかし、晴れて満願成就し隕石衝突したその瞬間、父はおろか私も貴方も全員お陀仏(人類滅亡)である。願わくば今生ではなく何回も転生を繰り返した先の世界で、その破滅的な夢を叶えてほしい。(もし地球がなくなったら次は何処で来世を迎えたらいい?)

(ミニミニ隕石)
IMG_0250
一見すると装甲車の模型のようなミニミニ隕石(全長1.7cm)は、コスモアイル羽咋のお土産コーナーで入手した(600円)。このほかに月齢定規(200円)も購入。

法話キーホルダー

【君は親の言うことを素直に聞けるか?】 先日お父さん手作りの『忘己利他キーホルダー』を手渡された。大声がうるさい父の説明によると、忘己利他(モウコリタ)とは「おのれを忘れ、他を利するは、慈悲の極みなり」という最澄の言葉で、これはお釈迦様が前世に、飢えた虎の母子を哀れんで投身自殺をはかり、自分の遺体を虎に食べさせたというショッキングなエピソードに通じる有難い教えなのだという。
【だが私の考えはその逆だ】忘他利己(モウタリコ)即ち「他を忘れて己を利する」ことこそが個々人の能力を生かし、結果的に公益に資するのではなかろうか? 無私よりも寧ろ実存、マックス.シュティルナーの〈私は私以外の事柄を私の外に置く〉に私は賛同したい。
それに虎のエサになったお釈迦様は、TVゲームをリセットするように来世も同じお釈迦様として生き返ることができたが、私達が来世も同じ人物(へんな美術家)に転生する保証は何処にもない(タコに生まれ変わるかもしれないヨ)。なので虎/ワニ/鮫など最強生物の餌食になる行為はやめようね!

(どこにも売ってないオリジナルグッズ)
IMG_0248
モウコリタの字並びを見て〈モーリタニア産タコ〉を思い出す。
昔バイトしてた鮮魚コーナーの準社員・守田くんは、鮮魚部主任が「タコの産地は守田ニア!」と駄洒落を言うたびに、ハハハ…と乾いた愛想笑いをしていたっけ。