カテゴリー別アーカイブ: 出来事

軽薄短小時代のハルマゲドン

今回のオリンピックで考えさせられたことの一つが「小山田圭吾氏の辞任劇」で、小山田氏全盛期のいわゆる渋谷系について回顧する契機にもなった。問題の発端となったインタヴュー掲載誌が刊行された当時(1994~95年)私は吉祥寺にあった武蔵野美術学園在学中で、渋谷経由で井の頭線で電車通学してたこともあり(どちらかというと)渋谷文化圏にいた。

学生時代、パルコ発行の無料雑誌〈GOMES〉には大変お世話になり、パルコからはマンガグランプリ岡崎京子賞とアーバナートの賞までいただいた(校外で初めての展示は渋谷パルコだった)。帰宅途中に下北沢か渋谷で下車し、立ち読み&立ち聴きするのが貧乏画学生のささやかな娯楽で、HMVのCD視聴ブースでヘッドホンから流れるCOOLなJAZZに耳を傾けトッポい若者ぶっていた。
このように90年代は音楽を愛好(知ったかぶり)することがオシャレとされ、過去の名曲を発掘し、細切れにした音源を自作に取り入れたりリミックスしてみたり、蒐集したレコードから選曲アルバムを作ったりなどが渋谷系と呼ばれた人々の活動の特徴で、誰かの創作物を勝手に拝借し、料理して自分の手柄にしてしまう「人の褌で相撲を取る」ような行為はいかがなものかと思うのだが、そんなこと深く考えないで潮流に乗って楽しんじゃうのが軽薄短小時代の特色だったと言えよう。

小山田氏の問題雑誌〈Quick Japan〉の当該号の表紙には「強力特集・ぼくたちのハルマゲドン」と見出しが書かれ著名な漫画家の名前が並んでいる。これが発行された1995年(7月)は1月に阪神淡路大震災、3月には地下鉄サリン事件が発生した年で、被害の甚大さに世間が慄いてる最中、カルト教団が発したオタク的な流言「ハルマゲドン」を、おもしろ感覚で使用してしまう軽さは何だろう。B級映画の残虐性ってチョッと笑えるよね程度のノリか、もしくは渋谷系を中心に好まれてたアメリカン・ニューシネマやヌーベルバーグの無軌道、アンモラルな格好良さへの憧れか?とイジメ記事と見出しの空気感から推察。重大事件頻発の世相に乗りつつ、あえて斜に構えたポーズで楽しんじゃう軽薄短小の20世紀末を省みて、影響下にあった自分にも落ち度はなかったか反省の余地はある。

(勝手にしやがれ)
IMG_1450
学園の駐輪場で知らない学生のスーパーカブに勝手に乗って撮影

(いますぐDJ )
IMG_1451
登校途中に拾ったゴミ(枯れ木/TVアンテナ/ラジカセ/柱時計/トルソーetc.)で飾られたブースは教室の机。下校途中に吉祥寺図書館で借りたCDをカセットテープにダビングし、拾ったラジカセで聴くのが学生時代のオシャレ迷惑行為(すべて無料)。あなたにはうるさいだけのゴミ。

あとの祭り

「悪霊どもが豚の中に入る許しを乞うとイエスはお許しになった。悪霊どもはその人から出て豚に入った。すると豚の群れは崖を下り、沼になだれ込み溺れ死んだ…」ルカによる福音書の一節には、狂人に巣食う〈悪霊〉を豚に憑依させ悪魔祓いをしたイエスの奇跡が記されている。
八方塞がりの世情において、この悪魔祓いのごとく、あえて集団ヒステリー的な熱狂を誘発することでガス抜きする意図があったら…。そんな風に疑うとオリンピックは世にも恐ろしいお祭りだ。メダルラッシュと感染爆発の並走!感動と不安で興奮状態の豚の群れはトラックをグルグル周回し最終直線コースに突入。そしてゴール(死の沼)へとまっしぐら!・・・オリンピックというモルヒネで一時的に苦痛から解放され爽快な気分になっても、感染症や閉塞感が根治するわけではない。
美空ひばりの『お祭りマンボ』は、ピーヒャラピーヒャラ、ワッショイショイとテンポよく、陽気な下町情緒を歌っているのかと思いきや、実は、お祭りに熱狂するあまり足元で起きてる災禍(火事と空巣)を軽視した結果、痛い目にあってしまう愚かな民衆を描いた恐ろしい警告的歌謡曲だ。歌詞のように「いくら泣いても あとの祭りよ~」なんてシャレでは終われない現実が今ここにある。

IMG_1446
溺れる豚も久しからず、ただ夏の夜の夢のごとし…

風をあつめて

3株のエアプランツに行水させ、日光浴させるのが最近の日課です。これらは5月に隣町の100均店で購入した生きてる植物で、ホンコンフラワーのようなプラスチック製品ではないのですが、いくら世話をしても成長の見られないプラスチックのような植物です。
レジで代金を支払う時におじさん店員が「可愛いですよね。生き物だから大切にしてください」と言って無料でビニール袋に入れてくれて「口を結ばずに空気を入れて持ち帰ってください。苦しくなっちゃいますから…」と厳しい指示とともに渡してくれました。「はいそうします!」と気を引き締めて答えながら内心「100円だから気軽に買ったのに責任が重いなぁ」と思いました。
小さい草に対し大きすぎるビニール袋に夕暮れの向かい風をあつめて、空気を孕んで膨れた半透明袋の底で、カサカサと風に揺れる変な植物に目配りしながら私は帰路についたのです。

IMG_1438
3ヶ月間ぜんぜん大きくならないけど、このサイズに成長して出荷されるまでどれだけの時間を要するのか?と考えると100円(税抜き)では安すぎる気がする。

ビーバーとスター

〝1970年に開催された大阪万博カナダ館のビーバー人形の歯と2本並べたカタチが似ていた事が商品名の由来〟である米菓『ビーバー』は、バスケ選手八村塁さんの好物として有名ですよね。北陸のお菓子を愛する富山市出身の八村選手が、2年前の米国NBAドラフト会議で一巡指名を受けた時に着用してた赤紫色ジャケットは、スター誕生の瞬間にふさわしく美麗でした!203cmの大男なのに、ヘチマ襟 &くるみボタンというエレガントなディテールの服を難なく着こなしている様は流石お洒落上級者、オシャレ番長と感服。

〈ジャケット細部の重要性〉ボタンを付けて完成のはずだった我がSWM人形(粘土番長)のディテール不足が発覚。なんだかのっぺりしてるな〜と見てると、下絵にはあった長ランのポケット蓋を忘れたことに気付き、早速ビーバーのようなパーツを制作し接着しました。たぶんこれで完成です。

〈ビーバーのふるさと〉1年前、私は何をしていたか?グーグルフォトはそんな忘却の危機から救ってくれる。どうやら私は石川県羽咋市コスモアイルを訪問したようです(行ったの真夏だったか!) 何度目かわからなくなってきた石川&富山は今年は秋に…(ビーバーは忘れずに買う)

(1年前、私は電車に乗って…)
IMG_0143
いしかわ鉄道の車窓からミニ駅舎を見た

IMG_0174
隕石の重さを確認した (重かった)

IMG_0214
UFOの里にふさわしい民家を発見した

IMG_1430
「フラップを付けてくれてありがとう」

夏の朝は暑い

昨日の朝、町工場を見学する夢を見た。工場長の案内で工場建屋に入ると、そこかしこに野球漫画『ドカベン』の登場人物・山田サチ子に似たキャラクターが描かれた紙が貼ってあるので「可愛いですね!誰が描いたのですか?」と訊ねると「そこにいるトシさんです」と工場長が作業中の老人を呼んだ。青いツナギ姿の小柄なトシさんは、なんと96歳と高齢なのに現役の職工さんだというからビックリ!「気に入りましたか、では一枚描いてあげましょう」と言ってトシさんは部品の図面を地べたに広げ「う〜む、この部品の品番は5021woだから〈コンニチワ〉だな」と図面の裏の白紙を利用し油性ペンでサラサラと「こんにちは」と挨拶する子供の絵を描いた。

…この夢とは無関係だが、今年の夏の甲子園で注目度No.1の高校野球選手は、風間球打という名前のピッチャーだ。球打はキュウタと読み、字面から「長打バッターかな?」と思わせて豪速球投手という意外性が良い。風間界一カッコいいドカベン風ネームの157キロ右腕の活躍に期待しよう。

IMG_1422
「ボタンを付けてくれてありがとう」

開会式をみて

富士山噴火の図像は、我々現代人の心に原始的自然神への畏怖の念を喚び起し、非日常的カタルシスへの熱望を刺激する。眠れる巨大火山の目覚めを告げる噴火、この招かざる大災害のシンボルが、なんと昨夜のオリンピック式典のクライマックスに登場!競技場トラックに鎮座する模造富士に聖火が点され、火を噴く様をわたしは見た。

「あの山は何?」
IMG_1392
そこはかとなく漂うディスリンピック感…

ディスリンピック(中央)のコピー2
まさか煉獄山(ディスリンピック・トレセン)ではないよね?

IMG_1395
答えは「富士山」と「太陽」でした。
太陽は一致。富士山が惜しい!

IMG_1401
正解はこっちの2015年版『ディスリんピック』だった

IMG_1400
そして不死山噴火!今こそみんなで原始自然神に祈るのだ!死と再生を…

黙示録のラッパ吹き

いよいよ今夜、ディスリンピックもといオリンピックの開会式が執り行われる。国家的秘匿祭事の全貌が明かされる時は来た!昨夜ふしぎなホイッスルが吹かれ黄色い紙の警告が乱発されたたように、否それ以上の審判(国民からの評価)が冷酷に下る時は来た。稽古不足を幕は待たない。左様!最初で最後の一発勝負(夢芝居)の幕開けに全国民の胸は高鳴っている。無論わたしもその一人で、ディスリンピック開幕セレモニーの遥か上をいく祝祭的演出を期待しているのだよ。選ばれし者のみが集う巨大スタジアムに審判のラッパが高らかに響き渡る…式典まであと何時間?

ディスリンスタジアムは新築の廃墟(=負のレガシー)
ディスリンピック(左)のコピー2
ファンファーレを合図に武人たちが矢を射る。標的は純白の鳩に紛れ込んだ黒い土鳩。
健康優良男児「甲チーム」(国家労働奉仕団+出陣学徒+1964オリンピック)の隊列が入場。
巨大人間大砲から発射される最優秀遺伝子の日出鶴丸くん(体操選手・国民の弟)

ディスリンピック(中央)のコピー2
二番手の「乙女チーム」によるマスゲーム
皇紀2680(西暦2020年)の人文字とディスリンピック・トレセン(煉獄山)での特訓パフォーマンス。
卵から出現した太陽に特攻する日出鶴丸くん(聖なる血の生贄セレモニー) 

ディスリンピック(右)のコピー
選別され隔離された「丙丁戊チーム」
劣性の烙印を押された遺伝子たちの大量虐殺。(基礎工事の生コンとともに国家建設の人柱に)
…このように粛々と執り行われる地獄の開会式は無観客がふさわしい!

成仏したと言ってくれ

年間10回以上は以前飼っていたホトケドジョウの夢を見る。たいていは「水換えを忘れて大変なことになっている」悪夢で、藻が溶けてドロドロに濁った水槽内に浮遊する病気のドジョウや、もはやドジョウでない何かに変化してしまった生物を恐怖を押し殺しながら確認し、急いで水の交換を行うが失敗するという最悪な内容だ。夢とはいえ幾度もリピートされ大変つらいものがある。

しかし今朝見たドジョウの夢は違った!昔住んでた実家の子供部屋の布団の上に麦茶ポットが転がっていて何故かその中にドジョウはいた。小さいブチのある可愛いドジョウは麦茶からピョーンと飛び出し、部屋中をピチピチ跳ねまわるので慌てて「外に出ちゃだめだよ!」と叱ると「は~い」と良い返事をしてちゃんとポットに戻ってきた。このように健康なドジョウが登場するファンシーな夢は初めてで、私の健康及び精神状態向上を約束する吉夢であると信じたい。

IMG_2760のコピー2
かわいすぎるホトケドジョウたちの遺影

悪魔の踊り(二者択一)

とある国の脱走兵が、未来の相場が丸わかりの「金儲けの本」を得るために、自慢のヴァイオリンを技術と共に悪魔に売ってしまう。兵士は巨万の富を手に入れるが、殺伐としたマネーゲームにうんざりし、呑気だった昔に戻るべくヴァイオリン弾きに再度なろうとする。
どうにかヴァイオリンを奪還し、名演奏によって救った王女とめでたく結婚という場面に悪魔が現れ「昔の幸せと今の幸せを両方手に入れることは不可能だ。どちらかを選ばなければ」と言う。そんなの関係ねぇ.と新妻(現在の幸福)を連れて故郷(過去の幸福)に帰ろうと越境したところで悪魔の制裁を食らう…。

…以上がストラヴィンスキー『兵士の物語』の梗概で、このお話では芸術or金銭。過去or現在の二者択一が迫られる。私なら選択と破棄を拒否し、芸術も金銭も、過去/現在そして未来も串団子のように串刺して各々を活かすアウフヘーベンを考える。(バウムクーヘンでも良い)

二つの『HISTOIRE DU SOLDAT』
IMG_1354
(左)先日入手Cテープ
1920年アンセルメ指揮スイス.ロマンド管弦楽団版
(右)昔買ったCディスク
1962年マルケヴィチ指揮ジャン.コクトー(語り)版

1918年。第一次大戦と革命の混乱で財産を失ったストラヴィンスキーは、少人数で上演可能な〈耳で見る〉音楽劇『兵士の物語』に再起を託したが、ほとんどの関係者がスペイン風邪(インフルエンザ)に感染し計画は中断してしまう。その2年後スイス.ロマンド管弦楽団が組曲(短縮版)を演奏し、それからは時世に合わせた構成で上演され、第二次大戦を挟んだ1962年にコクトー版が録音された。パンデミック時代にどう芸術を存続させるか?ストラヴィンスキーの臨機応変なタフガイぶりから学びたい。

稲妻の告知者

「私が愛するのは、人間たちの上にかかっている暗雲から、一雫ずつ落ちてくる重い雨滴のような人々である。彼等は稲妻がくることを告知し、告知者として破滅するのである。見よ、私は稲妻の告知者であり、雲から落ちる重い雨滴である。そしてこの稲妻の名こそ〈超人〉なのだ。」ツァラトゥストラはこう言った。

私は新しく購入した除湿機のタンクに水滴が溜まってゆく様を面白く眺めたり、コップの中の蝋燭が一生を終えるのを朝まで見届けたりしている。夕方には遠い雷鳴に耳を澄まし雨滴が落ちてくるのを待っている。テレビでは、オリンピックの無観客決定が報じられているが、このとんでもないドタバタ劇に関しては冷ややかに静観している。なぜなら私は、無観客開幕式もコロナ(太陽)もワクチン(卵)も、そして国家的祭典の犠牲者も「ディスリンピック2680」にて既に記し終えているからなのだ。

悪魔的、あまりにも悪魔的な!
IMG_1345
先日都内某所にて入手した悪魔的カセットテープでエドガー.ヴァレーズを知り早速中古CDを購入。この2枚組CD(日本版)は1998年発売で販売価格は¥5094。ごく普通に非合理的音楽が流通していたこの時代は今よりも文化的だったと言える。(伊未来派 L.ルッソロの絵は内容に合ってない)

解説がイカしてる(イカれてる)
IMG_1333
「アメリカ」という曲は1921年作曲なので、今となっては一世紀前になるな。★