カテゴリー別アーカイブ: 出来事

TDK謹製CD棚

今まで100均購入のプラスチック製小物入れを2個積んでCD棚の代用としていたが、先日ヤフオクで素晴らしいTDK謹製CD専用ラックを発見し、(送料込み)1800円で購入!重厚な合板製の家具調高級棚には、底部中央に金字でTDKのマークとロゴがあしらわれている。私は小さな三角形の集合体が結晶のようにデザインされているTDKマークが昔から好きで、TDKマークのあるカセットテープに殊更魅力を感じていた。(そして今!)この素敵な棚が幸運にも手に入り、雑然としたCDコーナーが(やっと)整理整頓できた!

IMG_0295
奇跡的にぴったりサイズ!TDKの神に感謝!

IMG_0297
(スッキリ収納!!上段には…)竜鉄也 演歌60分/大川栄策・冠二郎のカセットテ〜プの横にリーフェンシュタールのナチ礼賛三部作のDVD。そしてマイスタージンガー全曲集/プフィッツナー室内楽集/艶.怨.演歌 藤圭子CD集が並ぶ理想的な陳列の完成。

暗黒の園

昨日をもって練馬区の遊園地「としまえん」は94年の歴史に幕を降ろしたという。私は高校生時代に、西武の社員だった父がくれた大量のタダ券を利用しここで何度も遊ばせてもらった。内臓が背後に置き去りになる感覚の絶叫マシーンが苦手なので、チビッコでもOKな乗り物で遊ぶのが常であったが、中でも一番お気に入りのアトラクションは『アフリカ館』だ。
これは博覧会のパノラマ館を継承したようなマネキンを陳列した見世物で、軌道を流れるジープに乗って、未開の暗黒世界アフリカを探検する仕掛けになっている。エジプトの王族やマサイ族に歓迎されながら暗くカビ臭い館内をジープが進んで行くと、次は野生の王国が待っている。すごく暗くてよく見えないが、密林に潜む動物が単純な動作を繰り返し、突如ジャガーが「ガオー」と叫びながら頭上を飛んで消えていくのがアフリカ館唯一のドキドキ場面だ。カバの池が発する湿気と匂いでだんだん息苦しくなるが(安心しろ)出口はすぐそこだ!…眼前が明るくなると何故かそこは空港のゲートで、4~5人のスチュワーデスがへんな発音で「サヨウナラ・サヨウナラ・サヨウナラ」と手を振りながら見送ってくれる。当時この機械的なサヨウナラを口真似するのが大流行(私とトヨミの間だけで)。原住民や動物の自動人形が醸し出すうら寂しさと、モワっとした空気が懐かしい。

IMG_0296
サヨウナラ・サヨウナラ…

レームダックの遺産

26日の日産AA式典では、受賞者発表のその前に、ファイナリスト5名各人が15秒ずつ自作の見所をコメントした。私は今回の展示テーマが『負のレガシー』であり、安倍総理こだわりの「レガシー」がもはや未来へのお荷物(負の遺産)になっているということを約15秒で手短に喋った。
これがもし28日の総理辞任発表後の発言だったなら「転進のレームダックに小石を打つ人でなし」と非難されたであろう。進退不透明なうちに言いたいことを公言できた私は運が良いと言える。

〈レガシーの誕生〉
IMG_3006
悪夢とマスクを有難う(これはダイソーのだけど)

魔の山登頂(すぐに下山)

ハンス・カストルプ君は音楽好きだから、療養中にレコード鑑賞できたらさぞ楽しかろう。…と案じていたが、やっと終盤〈第7章 楽音の泉〉でレコードの聴ける環境が整った!サナトリウム当局の計らいで遊戯室に最新型蓄音機が導入されると、彼は進んで蓄音機係に立候補する。そして備品のアルバム集(12枚組12冊.合計144枚)を全て試聴し、名盤/イマイチな盤/ジャンルなど分類整理。遊戯室に集う客のレベルに合わせて(高飛車に)選曲するDJとなったのだ。(ハンス選曲ベスト5も紹介)

小説はここからどんどん終末に加速する。次の回では霊能少女エリーが登場し、彼女の能力を試す実験会が行われる。ハンスは好奇心から死んだ従兄ヨーアヒムの召喚をリクエストしてしまう。難航する降霊術の最中、ハンスの提案で愛聴ベスト5のうちの一曲(劇中の勇敢な兵士に従兄の姿を重ねていたから)をかけることに…。すると。あれ変だぞ?参加者が一人増えてる。変な軍服を身につけた亡霊…あの懐かしいヨーアヒムが!(涙…)
このようなオカルトブームを先触れに、禍々しい空気がサナトリウムを支配し始め、一触即発のヒステリー状態が蔓延する。理性では制御不能な感情の嵐にハンスの2人の先生・セテムブリーニ氏とナフタ氏も飲み込まれ、いよいよ山上の空論はピストルで決着が付けられることに!
…それは下界で起きている不穏な世界情勢変動の波が、無意識下で山頂にまで波及しているかのようだった。第一次世界大戦の勃発と同時に、時間を無くした芒洋の園は、真っ逆さまに現実へと雪崩れ落ち、7年の修養は突如終了しハンスは戦場へ…。ドロドロの平野に砲弾の雨が降っている。3千のうち千人生存の見込みの兵団。ハンスは何処に?あそこにいる!「菩提樹の歌」を口ずさんでる…もう見えなくなってしまった。(完)

・・終わった。さよう、読み終わった!お正月から231日もかかって、やっと昨日の朝にツァウバーベルクの登頂に成功!次なる挑戦は展覧会 Magic Mountain(略してMM展)の頂きだ。がんばろう〜

(ダヴォス・夏)
IMG_0264
幻覚のような悪夢のような絵葉書の絶境

サンダーくんからの挑戦

コスモアイルに入館すると宇宙クイズの問題用紙をくれる。これに解答し受付に提示すると粗品が貰えるいうので期待が高まる(なんだろう?)。さあ、順路に従い展示にちなんだクイズに答えよう(全問正解目指すぞ)。周りのチビッコ見学者たちは鉛筆で記入する際、答えのアルファベットを元気いっぱいに叫んでしまう。私はその習性を見逃さない(カンニングの好機)。児童たちの大声を参考に解答欄を埋めて受付で採点してもらうと「残念!一問不正解です」…。さいわい粗品は全問正解しなくても誰でも貰えて、手渡されたのはアポロの絵葉書だった。「問7:最初に月面に着いたのは?」答:アポロ11号でなくルナ2号(有人とは言ってない)。この引っ掛け問題に簡単に引っ掛かってしまった思い出の品となりました。

四択クイズ〈サンダーくんからの挑戦〉
IMG_0256
問5:「ボイジャー惑星探査機」に取りつけられてるレコードには、宇宙人へのメッセージが入ってます。その中には、日本語のメッセージもふくまれています。何と録音されているでしょう。
正解:A「こんにちは、お元気ですか?」

ボイジャーレコードには(古代ギリシャ語も含め)55カ国の言語で、このように間抜けなメッセージが録音されているという。言葉以外にヒューヒュー・ゴーゴー・バリバリといった恐ろしい自然現象の音も収録 (地球は怖い星だよと事前にお知らせ)。

隕石は土産品

【姿・名前・職は変われども】前号でお釈迦様は同一人物に転生すると書いたのは誤りだった。自から虎のエサになったのは、前世が王子だった時のお話で、ほかに国王・高僧・大臣・盗人・童子の前世もあり、さらに人間以外の動物(猿/鹿/馬/水牛)の王様だったこともあるというからビックリ!バラエティに富んだ釈迦の前世を記した物語[ジャータカ]は22篇547話と大長編で、各エピソードを「品」と呼び、その中には雛鳥品/飲酒品/塗毒品/超百品/カメレオン品など面白そうなお話が散見される。(100円ショップを想起させる超百品とはどんなお話だろう?)
【衝突は今じゃない】自作キーホルダーで法話を説いた私の父の夢は「巨大隕石が地球に衝突する瞬間を見届ける」ことだ。だがしかし、晴れて満願成就し隕石衝突したその瞬間、父はおろか私も貴方も全員お陀仏(人類滅亡)である。願わくば今生ではなく何回も転生を繰り返した先の世界で、その破滅的な夢を叶えてほしい。(もし地球がなくなったら次は何処で来世を迎えたらいい?)

(ミニミニ隕石)
IMG_0250
一見すると装甲車の模型のようなミニミニ隕石(全長1.7cm)は、コスモアイル羽咋のお土産コーナーで入手した(600円)。このほかに月齢定規(200円)も購入。

法話キーホルダー

【君は親の言うことを素直に聞けるか?】 先日お父さん手作りの『忘己利他キーホルダー』を手渡された。大声がうるさい父の説明によると、忘己利他(モウコリタ)とは「おのれを忘れ、他を利するは、慈悲の極みなり」という最澄の言葉で、これはお釈迦様が前世に、飢えた虎の母子を哀れんで投身自殺をはかり、自分の遺体を虎に食べさせたというショッキングなエピソードに通じる有難い教えなのだという。
【だが私の考えはその逆だ】忘他利己(モウタリコ)即ち「他を忘れて己を利する」ことこそが個々人の能力を生かし、結果的に公益に資するのではなかろうか? 無私よりも寧ろ実存、マックス.シュティルナーの〈私は私以外の事柄を私の外に置く〉に私は賛同したい。
それに虎のエサになったお釈迦様は、TVゲームをリセットするように来世も同じお釈迦様として生き返ることができたが、私達が来世も同じ人物(へんな美術家)に転生する保証は何処にもない(タコに生まれ変わるかもしれないヨ)。なので虎/ワニ/鮫など最強生物の餌食になる行為はやめようね!

(どこにも売ってないオリジナルグッズ)
IMG_0248
モウコリタの字並びを見て〈モーリタニア産タコ〉を思い出す。
昔バイトしてた鮮魚コーナーの準社員・守田くんは、鮮魚部主任が「タコの産地は守田ニア!」と駄洒落を言うたびに、ハハハ…と乾いた愛想笑いをしていたっけ。

山の日

【今日は山の日】お正月から読み始めた岩波文庫『魔の山』は、春の自宅待機期間に上巻を読み終え、移動再開の夏、東横線・北陸新幹線・そして先週は間違えて逆方向の終点まで乗ってしまった半蔵門線車内で読書に勤しみ、やっと下巻200頁まできた(残449頁)。今読んでる章では、ダヴォス山岳地帯にて隠遁生活を送る論敵2名(一人は西欧中心的見地の人文主義者、もう一人はキリスト教原理主義者でボルシェビストのような血腥い人物)が、舌鋒鋭く論戦を繰り広げているのだが、二人とも平地に戻れぬほど重病で、実行性に乏しい彼等の思想の対立は、机上の空論ならぬ山上の空論である。ハンス・カストルプがその不毛さに気がつくのはこの先の「雪」の場面だということを、まだ読んでいないけど私は知っている。

(サナトリウムにて)
sanatoriumのコピー
これは展覧会用新作『マジック.マウンテン』のための下絵の一部。ピアノに肘をついているのが『魔の山』の著者トーマス.マンで、ピアノを弾いてる人物は指揮者のオットー.クレンペラー、その横で聴いている男はエルンスト.ルートヴィヒ.キルヒナー。(クレンペラーとキルヒナーは精神疾患療養中にサナトリウムで知り合ったという)

【予告】
明日11日、日本経済新聞[朝刊]の特集『戦後75年を考える』にて「表現の自由」に関するインタヴュー記事が掲載されます。日経新聞購読の皆さんは記事を探してみてください。

樫の森の…

【死者に報酬は支払われない】ドイツ・ロマン主義の画家C.D.フリードリヒの作品は、同じくロマン主義音楽のレコード及びCDジャケットに多数採用されている。詩情豊かなベートーベンやシューベルトとの相性はバッチリで言うことなしだが、作者にノーギャラなのは如何なものか (しかし何処へ送金すればよいか)。フリードリヒの名作『樫の森の修道院』を装画に使用した(かざまランドで人気) H.プフィッツナー『人間と自然/生活と歌』のCDもその一例である。

【交霊は不問に付される】吉村宗浩氏はフリードリヒ『樫の森の修道院』に触発され、新作『大地は永遠なりⅠ』を制作したという。春の到来を待っているのか?それとも既に朽ちているのか?不明の刺々しい樹木に絡まるように屹立しているのは、オリンピックの象徴である。オリンピックに明日はあるのか?既に終了の鐘が鳴らされたのかは不明のこの丘に、唯一訪ねてくるのは絶望を伴侶とする冬の旅人であろう。

吉村宗浩さん作『大地は永遠なりⅠ』
daitiha
凍てつくような寂寞感、その後からついてくる笑い!

『樫の森の修道院』採用のCD
IMG_0247
素晴らしい題名『人間と自然/生活と歌』の歌詞は、ドイツ語なので全くもって理解不能。
ローゼンベルクvsゲッベルスの文化政策の覇権争いの結果、ゲッベルス優勢となりローゼンベルク派だったプフィッツナーは冷遇される羽目に…。さらに戦後は親ナチだったことが祟り正当な評価を受けられなかった。(定石を踏み外したような変なところが面白いと私は評価)

秘密を掴んだ紳士達

コスモアイル羽咋の〈UFOsブース〉では、 UFO現象に対する6博士の見解を聞くことができる。専門家の談話は懐疑的なものから妄信的なものまで様々であるが、どれも興味深い証言ばかりだ。めったに聞くことのできない貴重な機密情報を語る科学(或は非科学)者の肉声は、各人2話で合計12話!(もちろん全て視聴)。その中でも特に印象に残ったエピソードの一部をご紹介しよう!

コリン・アンドリュース氏
IMG_0177
ミステリーサークル(クロップサークル)研究の第一人者の談話によると、小麦などの穀物畑に突如出現する巨大円形群・ミステリーサークルは、何者かによって同じ方向に作物がなぎ倒され、地上には幾何学的な図形が残される。そして奇妙なことに倒された箇所は、通常の茎より約40cm長く成長し収穫は約20%増えるというのだ。(それはいわゆる麦踏みのような効果では?)

ロバート・ディーン氏
IMG_0192
元米陸軍准尉、UFO相互ネットワークの役員を務めた氏の情報では、1967年早朝のイタリア空軍基地で戦闘機の整備をしていた隊員が、上空で鼻歌を響かせながら飛来する3本足のUFOを目撃。やがて滑走路に着陸すると、2名の異星人が姿を見せ「乗ってみないか?」と右手を挙げながら流暢なイタリア語で誘ってきたが、隊員は恐怖のあまりオシッコをちびってしまい、そのことが恥ずかしくて、この不思議な体験を誰にも話さず隠蔽していたという。(ないしょ話を世界中に拡散されてかわいそう…)

ジョン・マック氏
IMG_0188
ハーバード大学提携機関の心理学者である氏は、 UFOに誘拐され異星人と接触した人たちの証言は「現実でなく夢であってほしい」という願望から、体験を誇張したり捏造したりせず、大抵の場合は信憑性が高いものだと断言している。そして体験者の多くは、自宅に帰還した際に「ベット上の枕やシーツの位置が誘拐前と変わっていた」と話し、それが誘拐の証拠であるというのだ!(それはおそらく寝相の問題では?)